Loading
2013年09月17日 00時30分 UPDATE
PR

サイバーソリューションズ導入事例1万社へサービス提供する老舗メールベンダーが選んだストレージとは

パフォーマンス低下に悩むクラウド型メールサービスを救ったのはコストパフォーマンスに優れたストレージシステムだった。厳しい要件をクリアして選ばれたストレージシステムの導入事例を紹介する。

[ITmedia]

 サイバーソリューションズは、企業向けメールソリューションの老舗ベンダーとして多くの利用実績を持ち、最近では、クラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」やクラウド型メールアーカイブサービス「MAILBASEΣ」など、クラウド型サービスの展開に力を注いでいる。

 同社がクラウド型サービスに着手したのは、国内でも早い時期となる2009年。CYBERMAILΣは、その使いやすさやサービス提供開始以来サービス完全停止が1度もないという信頼性も支持され着実にユーザー数を増やし、ISPやASPなどへのOEMを含め、現在では約1万社が同社のソリューションを活用し、アカウント数は合計約100万に達しているという。

 一方で、クラウド型メールサービスのユーザー数拡大に伴い、同社は重大な課題を抱えることになる。既存のストレージシステムでは処理能力が追い付かず、大きなボトルネックになりつつあったのである。今や、企業にとって生命線ともいえるメールシステム。その遅延や停止は、顧客のビジネスに致命的なダメージを与えかねない。

 この課題を解決するために、サイバーソリューションズは、クラウド型メールサービスの運用に最適なストレージシステムへの刷新を検討。数社のストレージシステムを検証した。同社が下した決断とは。そして、その決断がもたらした新たなビジネス展開とは。

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部