2013年08月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

資生堂、カタログハウスも活用事例で納得「テキストマイニングの生かし方」

大量のテキスト情報を分析する「テキストマイニング」の活用の幅が広がっている。テキストマイニングの使いどころとは何か。活用事例を基に探る。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 1990年後半ごろから、アンケートのフリーコメント分析などマーケティング用途を中心に企業利用が進んできたテキストマイニング。現在は、Facebookなどのソーシャルメディアの普及で、大量かつ手軽に顧客の声を収集できるようになり、テキストマイニングの活用の幅も広がりつつある。公開されている幾つかのユーザー事例から、テキストマイニング活用の可能性を探る。

資生堂:顧客の声で自社製品を進化

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

オフライン広告の効果可視化とマーケターの働き方改革に向け、サイカとインテージが業務提携
サイカとインテージは業務提携を行い、オフライン広告の効果測定における汎用的な分析ソ...

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...