2013年08月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

資生堂、カタログハウスも活用事例で納得「テキストマイニングの生かし方」

大量のテキスト情報を分析する「テキストマイニング」の活用の幅が広がっている。テキストマイニングの使いどころとは何か。活用事例を基に探る。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 1990年後半ごろから、アンケートのフリーコメント分析などマーケティング用途を中心に企業利用が進んできたテキストマイニング。現在は、Facebookなどのソーシャルメディアの普及で、大量かつ手軽に顧客の声を収集できるようになり、テキストマイニングの活用の幅も広がりつつある。公開されている幾つかのユーザー事例から、テキストマイニング活用の可能性を探る。

資生堂:顧客の声で自社製品を進化

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...