2013年09月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

TPP交渉参加で日本の医療は変わるのか?(第5回)TPP交渉と医療制度改革の議論は切り離すべし

TPPは「米国による“現代の黒船”」と表現されることもあるが、TPP交渉によって日本の医療が大きく変わることはない。日本の医療制度の改革は、国民との十分な議論を経て、TPP交渉とは切り離して考えるべきである。

[小田正規,青山学院大学WTO研究センター]

 日本が初めて全日程に参加した第19回TPP(環太平洋パートナーシップ)交渉会合が終了した。「年内妥結」という大きな方向性は確認されたが、交渉妥結に向けて乗り越えるべき課題は数多く残されている。今後交渉が進むにつれて、交渉参加国の自由化にセンシティブな分野も明確になってくる。交渉が越年する可能性も極めて高い。

TPPで日本の医療への影響を整理

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

情報格差の時代をサバイブするのは誰か?
子育てを終えた女性が思うこと、シニア世代の買い物事情、新入社員の不安な胸の内に改正...

news133.jpg

Meituとシーエー・モバイルがメディア販売代理契約締結
シーエー・モバイルはMeituとメディア販売代理契約を締結。「BeautyPlus」や「MakeupPlus...

news093.jpg

パーソナライズド動画「personalize me」がレコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」と連携
インテリジェンス ビジネスソリューションズは、同社のパーソナライズド動画サービス「pe...