2013年09月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

TPP交渉参加で日本の医療は変わるのか?(第5回)TPP交渉と医療制度改革の議論は切り離すべし

TPPは「米国による“現代の黒船”」と表現されることもあるが、TPP交渉によって日本の医療が大きく変わることはない。日本の医療制度の改革は、国民との十分な議論を経て、TPP交渉とは切り離して考えるべきである。

[小田正規,青山学院大学WTO研究センター]

 日本が初めて全日程に参加した第19回TPP(環太平洋パートナーシップ)交渉会合が終了した。「年内妥結」という大きな方向性は確認されたが、交渉妥結に向けて乗り越えるべき課題は数多く残されている。今後交渉が進むにつれて、交渉参加国の自由化にセンシティブな分野も明確になってくる。交渉が越年する可能性も極めて高い。

TPPで日本の医療への影響を整理

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news020.jpg

「自社の成長に自信がある」CEOはたった14%だが――2017年、調査で見る日本の底力
波乱万丈を予感させる2017年も、早3週間が過ぎようとしています。トランプ大統領は日本経...

news103.jpg

ダイナミックリターゲティング配信の「nex8」が 「MicroAd COMPASS」とRTB接続を開始
ファンコミュニケーションズは、リターゲティング広告配信サービス「nex8」をマイクロア...

news088.jpg

見込み客情報が「足りている」企業は2割未満──SATORIがB2Bマーケティングの実態を調査
SATORIは、国内B2B企業におけるマーケティングの実施状況や課題、成果についての調査を実...