2013年09月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

POWERプロセッサを活用?Googleがクラウド用コンピュータを自社開発か IBMとの協力で臆測

米Googleは米IBMとともにとオープン開発コンソーシアム「OpenPOWER Consortium」を設立した。この取り組みの狙いは、次世代クラウド基盤に必要なハードウェアなどの技術開発だと臆測されている。

[Ed Scannell、Michael Anderson,TechTarget]

 米IBMは「POWERプロセッサ」搭載サーバの販売のてこ入れを図り、Intelベースのサーバとの競争力を強化すべく、米Googleとオープン開発コンソーシアムを設立した。この団体は「OpenPOWER Consortium」と呼ばれ、IBMはクラウドデータセンター向けのハイエンドコンピューティングプラットフォームを加盟各社に提供する。

 新分野の開拓を目指すIBMは、「IBM Power Systems」で使われている主要なサーバ技術とファームウェア技術を「OpenPOWER Consortium」の加盟企業にライセンス提供する。加盟各社は、これらの技術をベースとして、次世代のクラウドコンピューティングプラットフォームに必要なサーバ、ストレージ、GPUアクセラレーションなどの技術を開発することができる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...