2013年09月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「ビジネスパートナーは、対応の速さに驚いている」アライド・アイリッシュ銀行のプライベートクラウド導入戦略とは?

アイルランドや英国で事業を展開する総合銀行でIT戦略を担当するボーデン氏。プライベートクラウドを積極的に活用し、コスト削減とITの対応速度向上を実現した。

[Lisa Kelly,Computer Weekly]
Computer Weekly

 アン・ボーデン氏は、新設された最高運営責任者(COO)として2012年7月にアライド・アイリッシュ銀行(Allied Irish Bank:AIB)に入社。経営陣の1人として、AIBの変革計画を指揮している。そして、この計画で極めて重要な役割を果たすのがクラウドテクノロジーだ。

Computer Weekly日本語版 2013年8月21日号無料ダウンロード

0911_120.jpg

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2013年9月11日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 AIBは総合銀行で、営業の大半はアイルランド共和国内の小口金融だが、北アイルランドと英国でも事業を展開している。AIBのミッションは、2014年までの黒字化とアイルランド経済の回復において中心的な役割を果たすことだ。

 AIBの戦略には、3つの大きな柱がある。

 中心になるのは、顧客(小口顧客から大企業まで多岐にわたる)への新たなコミットメントだ。効率化を進めてスタッフが接客時間をより長く確保できるようにする。

 また別の目標は収入増だ。コスト管理策により、継続して利益が上がる仕組みを作る。これについても、クラウドがコスト削減計画に組み込まれ、効果が期待される。

テクノロジーの重視

 AIBがテクノロジーとイノベーションの重視に舵を切ったのは非常に重要なポイントで、将来の見通しは明るい。顧客が利用できる取引方法が拡充されるだろう。顧客は、オンラインや電話など、さまざまな媒体を使って柔軟に取引できることを求めるようになった。AIBは、テクノロジーを活用してこの顧客のニーズに対応していく。

 ボーデン氏は金融業界の幾多の浮き沈みを生き抜いてきたが、現在ほど、金融業界はデジタル時代を受け入れて、顧客を第一に考えなければならないと感じたことはないという。

 「AIBは、アイルランド共和国内の2大銀行のうち規模が大きい方だ。デジタル化し、顧客サービスを向上するための大規模な変革を遂行している。デジタルバンクとなり、タイムリーに商品を提供することで、コストを削減し、莫大な価値を顧客に提供できるよう取り組んでいる。クラウドは、進化する市場の中でこの変化を起こしていくための戦略に含まれる」

 AIBは、プライベートクラウドの開発にOracleのテクノロジーを採用した。行内開発において、変化し要求の厳しさを増す市場に対応できるだけの技術力と柔軟性を確保するためだ。

 「金融危機以来、銀行に対する規制と収入を取り巻く状況はさらに厳しくなった。その一方で、顧客が日常的に持ち歩く端末に新しいテクノロジーが使われるようになり、顧客の期待は高くなった。顧客はどのビジネスパートナーとの手続きにも新しいテクノロジーを使いたいと考えている」

 このニーズに応えることがデジタル時代では極めて重要であり、AIBはプライベートクラウドを使うことで対応力が向上しているとボーデン氏は説明する。

 「クラウドを導入したことで、商品をスピーディに市場に投入し、テクノロジーを整理統合し、顧客にとっての可用性を高めることができている」

統合スタック

 レガシーサーバは、新しい資産に道を譲った。統合率、一貫性、レジリエンス(回復力)の向上を図りスタック全体をOracleベースとした結果、コスト削減につながる具体的な数字が出ている。

 ボーデン氏は、「COOとして、ビジネス環境への対応、コスト削減、柔軟性と応答性の向上を担当している」と話す。

 AIBのプライベートクラウドプログラムにより、Oracle Databaseの台数は10分の1になった。AIBは常にOracle Databaseを使ってきたが、このプログラムの実施以前は、データベースをサポートするためのハードウェアおよびテクノロジー一式を別に用意していた。

 統合スタックを導入する決め手になったのは、簡略化と効率化だ。導入に際しては、デメリットとしてベンダーロックインの問題も考慮されている。

 「ベンダーを1社に絞ることで、システム全体が簡略化された。プライベートクラウド内で問題が発生したら、連絡するのは1社で済む。既にこのメリットは現れている」

 現在では、プライベートクラウドがもたらしたさまざまな可能性を内部のスタッフに伝えることが、開発と対応の速度を上げるための優先事項となっている。つまり、対応力に劣るレガシー資産が足かせだった、従来の考え方からの脱却を図っている。

 「プライベートクラウドについての内部マーケティングを展開し、周知に努めている。以前の制約のある環境で仕事をしているときは、プランニングに時間がかかっていた。現在はデジタル時代にふさわしいペースで行動できる。スピーディな作業が可能なのだから、それを奨励する必要がある」

 これは金融業界にとって重要で、経済を活性化するカギだとボーデン氏は言う。新しいプライベートクラウドによって、中堅・小規模企業(SMB)市場向けのアプリケーションを8週間以内にリリースし、配布できるようになった。これは以前ではできなかったことだ。

 「SMBに融資を提供する必要があるが、SMBが必要とする融資を届けることは難しい」

 「以前は、着想を得た時点で、ウォーターフォール型の開発を始めただろう。その場合、運用および開発環境の準備に、さらに2、3週間かかる。目的のアプリケーションが提供されるまでには、幾つもの段階を経ることになるが、総じて、このサイクル全体にかかる時間が20%短縮された」

 AIBでは、開発ペースの向上によるメリットを享受しているという。ボーデン氏の話では、AIB内部の反応は上々のようだ。

 「ビジネスパートナーは、対応の速さに驚いている。IT部門はいつでも臨戦態勢にあり、いかなる形でもテクノロジーがビジネスの足かせになることはない。IT部門は打てば響くパートナーとして業務部門と連携できている」

「クラウドによってセキュリティは向上する」

続きはComputer Weekly日本語版 2013年9月11日号にて

0911_80.jpg

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

サイバーエージェント、インターネットマーケティング人材の育成プログラムを独自構築
サイバーエージェントは、インターネット広告事業において人材の早期戦力化を目的とした...

news030.jpg

ABM? 人工知能? それとも? Marketoの「本当の強み」について聞いてみた
エンゲージメントプラットフォームとして市場でプレゼンスを高めるMarketo。企業の成長戦...

news049.jpg

メンバーズが「ユーザテストExpress」提供のポップインサイトを子会社化
メンバーズは、ユーザー調査ツールを提供するポップインサイトの株式を2017年4月1日付で...