2013年10月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「VMware NSX」はネットワーク仮想化市場の起爆剤になるかVMwareの新しいSDNソリューションが実現することとは?

VMwareはVMworld 2013で「VMware NSX」を発表した。これは、同社が買収したNiciraのネットワーク仮想化製品「NVP」を基にした、新たなSDN製品である。NSXの機能や注目されるパートナー連携を紹介する。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 米VMwareは2013年8月最終週に開催したVMworld 2013で、新しいネットワーク仮想化プラットフォーム「VMware NSX」を発表した。同社の仮想ネットワーク技術群と、買収した米Niciraの仮想ネットワークオーバーレイ技術を組み合わせたものだ。

 NSXは、分散仮想ルーティング、負荷分散、ファイアウォール、VPNといったフルスタックの論理ネットワーク機能を提供する。またVMwareは、ベンダーパートナーエコシステムの拡大によって、NSXと物理ネットワークをさまざまなレイヤーで直接連携させる。

 こうしたNSXの特徴は、Niciraの「NVP」(Network Virtualization Platform)による部分が大きい。NVPは、コントローラーベースの仮想ネットワークオーバーレイであり、仮想マシンのネットワーク接続のプロビジョニングを簡素化する。この簡素化は、ハイパーバイザーホスト上の仮想スイッチをトンネルエンドポイントとして使って、物理ネットワーク上にトンネルを作成することによって行われる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...