2013年10月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「VMware NSX」はネットワーク仮想化市場の起爆剤になるかVMwareの新しいSDNソリューションが実現することとは?

VMwareはVMworld 2013で「VMware NSX」を発表した。これは、同社が買収したNiciraのネットワーク仮想化製品「NVP」を基にした、新たなSDN製品である。NSXの機能や注目されるパートナー連携を紹介する。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 米VMwareは2013年8月最終週に開催したVMworld 2013で、新しいネットワーク仮想化プラットフォーム「VMware NSX」を発表した。同社の仮想ネットワーク技術群と、買収した米Niciraの仮想ネットワークオーバーレイ技術を組み合わせたものだ。

 NSXは、分散仮想ルーティング、負荷分散、ファイアウォール、VPNといったフルスタックの論理ネットワーク機能を提供する。またVMwareは、ベンダーパートナーエコシステムの拡大によって、NSXと物理ネットワークをさまざまなレイヤーで直接連携させる。

 こうしたNSXの特徴は、Niciraの「NVP」(Network Virtualization Platform)による部分が大きい。NVPは、コントローラーベースの仮想ネットワークオーバーレイであり、仮想マシンのネットワーク接続のプロビジョニングを簡素化する。この簡素化は、ハイパーバイザーホスト上の仮想スイッチをトンネルエンドポイントとして使って、物理ネットワーク上にトンネルを作成することによって行われる。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...