2013年10月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

利用者が求めるのは柔軟性AWSの料金プラン“新リザーブドインスタンス”に足りないもの

Amazon Web Services(AWS)のリザーブドインスタンスは、インスタンスの長期利用を見込んで予約金を支払う利用形態だ。このリザーブドインスタンスをめぐって、AWSユーザーからはさまざまな意見が寄せられている。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 米Amazonは柔軟性の向上を目的として、Amazon Web Services(AWS)のリザーブドインスタンスの管理方法を変更した。クラウドコンピューティングのユーザーは、これをきっかけにインスタンスのタイプが増えることを期待している。

 リザーブドインスタンスは同一リージョン内ならばアベイラビリティゾーン間で移動させることができる。AWSのアカウント(利用者)がEC2-Classicネットワークを所有している場合は、EC2-VPC(Virtual Private Cloud)に移行することができる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...