2013年10月16日 23時21分 UPDATE
インフォメーション

「クラウド型セキュリティバーチャルフォーラム」の注目ホワイトペーパークラウドが導く「新時代のセキュリティ対策」

「クラウドコンピューティング」のインパクトは、システム環境やビジネスデータを保護することを目的とするセキュリティ製品にも及ぶようになってきた。セキュリティ機能をクラウド経由でサービスとして提供する「Security as a Service」の実用化は国内企業の間でも着々と進んでいる。

[ITmedia]

「クラウド型セキュリティバーチャルフォーラム」の注目ホワイトペーパーを紹介

画像

 今日、クラウド技術を取り入れた情報セキュリティ対策製品が次々と登場している。従来までの社内サーバによって提供されてきた管理機能をクラウド化したり、膨大なリソースを要する不正なメールやWebトラフィックの解析機能をクラウド環境によって提供したりと、製品の適用範囲も拡大している。そうした製品群を総称した「Security as a Service」というキーワードも一般化しつつある。

 本ホワイトペーパー「クラウドが導く新時代のセキュリティ対策〜『Security as a Service』の価値」では 、IT分野専門のリサーチ&コンサルティング企業であるITRがクラウド型セキュリティ製品(Security as a Service)の価値を客観的に検証するとともに、2013年4月に実施したユーザー企業の意識調査の結果を掲載している。また製品選定において、企業が留意すべきポイントについても詳細に解説している。(ホワイトペーパー 19ページ/1,437KB)

※本ホワイトペーパーは、オンライン上のバーチャルショールーム「クラウド型セキュリティバーチャルフォーラム」内に掲載されています。TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で下の[次へ]ボタンをクリックすると、来場申し込みフォームが開きますので、不足項目のみご入力いただきご来場ください。来場後、「クラウドセキュリティを学ぶ」の「Phase1 セキュリティトレンド」を選択し、「クラウドが導く新時代のセキュリティ対策〜『Security as a Service』の価値」から本ホワイトペーパーをご覧いただけます。