Loading
2013年10月31日 00時00分 UPDATE
PR

Windows Server 2003からの簡単移行も実現最新のHyper-V環境のメリットを最大化する秘訣

Microsoftの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」に標準搭載された「Hyper-V」。多くの機能追加や拡張が行われたこの技術の導入メリットを解説する。

[ITmedia]

 普及が進むサーバ仮想化。中でも、仮想化のプラットフォームとして「Hyper-V」を採用する企業が増えている。調査会社IDCの調査によると、2012年第1四半期以降、Hyper-Vが日本のサーバ仮想化市場シェアNO.1になっているという(出展:IDC ,「IDC Worldwide Quarterly Server Virtualization Tracker CY2013 Q1」)。

 最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」に標準搭載されたHyper-Vはさらなる機能追加や拡張が行われ、より大規模な仮想化環境を確実にサポートできる統合基盤となった。TechTargetジャパンが読者会員を対象にした「Windows 8およびWindows Server 2012に関する読者調査」(2013年8、9月実施)では、Windows Server 2012の導入目的として最も多かったのが「Hyper-Vの機能向上」(45.8%)だった。本稿では、最新のHyper-Vの機能の概要と導入メリットを解説する。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部