2013年10月30日 21時00分 UPDATE
ニュース

NEWS仮想化環境特化型ストレージの新シリーズを発表、ティントリジャパン

ティントリジャパンがストレージ新製品群を提供開始。単一システムで最大2000の仮想マシンをサポートできる。同時に統合管理ツールの提供や販売パートナーの拡充を発表した。

[TechTargetジャパン]

 ティントリジャパンは2013年10月30日、仮想化クラウド環境向けストレージの新製品群「Tintri VMstore T600シリーズ」と統合管理ツール「Tintri Global Center」を出荷開始した。

 Tintri VMstore T600シリーズは大規模サーバ向けの「Tintri VMstore T650」と中小規模サーバ向けの「Tintri VMstore T620」の2機種。専用OSの最新版「Tintri OS 2.1」を搭載し、スナップショットやレプリケーションなどのデータ保護機能を強化。SNMPv3、LACP(Link Aggregation Control Protocol)などのネットワーク管理プロトコルを利用可能にすることで運用・管理機能を強化した。ファイルシステムの改善による性能向上を実現した(画像)。

photo 画像 Tintri VMstore T600シリーズ

 Tintri VMstore T650は1台で最大2000の仮想マシン(VM)をサポートする。大規模データベースやミッションクリティカルな基幹システム、1000ユーザー以上の仮想デスクトップ(VDI)、クラウド環境などに活用可能なハイエンドモデル。Tintri VMstore T620は、最大500VMをサポート可能なローエンドモデル。ティントリジャパンによると、500ユーザー以下のVDIや中小規模のサーバ統合などに適しているという。Tintri VMstore T650が2780万円、Tintri VMstore T620が1480万円(いずれも税別)。

 Tintri Global Centerは、複数のTintri VMstoreストレージを単一のストレージシステムとして管理できるツール。複数のTintri VMstoreストレージで構成されたストレージシステムと、そのストレージシステムを利用するVM全体の稼働状況を可視化して統合管理できる。加えて、最大32台のTintri VMstoreストレージに対する監視やリポート表示などが可能(画面)。2013年第4四半期(10〜12月)中の提供を予定している。

photo 画面 Tintri Global Center

 また、ティントリジャパンは国内販売/サポート体制の強化を発表。従来の東芝ITサービス、ノックス、丸紅情報システムズ、ユニアデックスに加え、新たにネットワンパートナーズ、富士通エフサスとの協業を開始した。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

エクスペリエンスは「場」から「時間」へ――エクスペリエンス×IoTのメカニズム
顧客の過去・現在・未来のエクスペリエンスは「データ」を媒介にして1本の「時間」の軸で...

news021.jpg

選挙の情報収集手段 10代はインターネットが7割、主婦はテレビが8割超
投票だよ、おっ母さん。わが国、そして世界のそこかしこで政治の季節を迎えつつある昨今...

news108.jpg

マーケティングオートメーション「ListFinder」、セミナー管理機能を追加
イノベーションは、B2Bに特化したマーケティングオートメーションツール「ListFinder」に...