2013年10月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

サービスの提供効率とガバナンスをどう両立するか?【第4回】低コストかつ少ない工数で構築、ITIL準拠のサービスデスク構築術

ITIL準拠のITサービスマネジメントを導入する機運は高まったが、中堅・中小企業にとっては導入へのハードルが高く、大手企業でも導入したものの運用が回らず効果が上がっていないケースも少なくない。その解決策を探る。

[唐沢正和]

 近年の仮想化およびクラウドの普及によって、企業のITシステム環境はさらに複雑化が増している。物理的なサーバマシンが集約される一方で、“目に見えない”仮想マシンの台数は増加し続けており、オンプレミスとクラウドが混在して複雑に絡み合ったITシステム環境になっているのである。

 これに伴い、ITサービス運用におけるインシデントの発生数やその範囲も拡大。サービスデスク業務にかかる負荷やコストの増大が見逃せない課題となってきている。この課題を解決するべく、ITILに準拠したITサービスマネジメントの導入に取り組む機運も高まったが、実際に運用に至っているのは大手企業の一部に限られているのが現状。中堅・中小企業にとっては導入へのハードルが高く、また、大手企業でも導入したものの運用が回らず効果が上がっていないケースも少なくないという。

 こうした市場背景の中で、ITILに準拠したサービスデスクを低コストかつ少ない工数で実現するソリューションを展開しているのがゾーホージャパンだ。ITIL準拠のサービスデスク管理ツール「ManageEngine ServiceDesk Plus」(以下、ServiceDesk Plus)を提供するとともに、充実した導入支援サービスを用意し、幅広い企業のサービスデスク業務効率化を積極的にサポートしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...