2013年10月31日 19時30分 UPDATE
ニュース

NEWS企業向けNASシリーズの新モデルを販売開始、フォースメディア

フォースメディアがSAS HDを搭載可能なラックマウント型のNAS製品群「QNAP TurboNASシリーズ」の3機種を販売開始。同時に製品の導入前評価や性能測定などに活用できる検証センターも開設した。

[TechTargetジャパン]

 フォースメディアは2013年10月30日、NAS(Network Attached Storage)製品群「QNAP TurboNASシリーズ」(開発元:台湾QNAP Systems)の新機種の販売を開始した。

 今回販売を開始したのは、SAS(Serial Attached SCSI) HDDを搭載したラックマウント型NASの3モデル。2.5インチ搭載専用の24ベイモデル「SS-EC2479U-SAS-RP」(2Uサイズ)と、2.5インチ/3.5インチの両ドライブを搭載可能な12ベイモデル「TS-EC1279U-SAS-RP」(2Uサイズ)、16ベイモデル「TS-EC1679U-SAS-RP」(3Uサイズ)の2機種だ(画像)。

photo 画像 QNAP TurboNASシリーズの3モデル。左から「SS-EC2479U-SAS-RP」「TS-EC1279U-SAS-RP」「TS-EC1679U-SAS-RP」

 ハードウェアは、CPUに「Intel Xeon 3.4GHzクアッドコアプロセッサ」を採用。「DDR3 ECC RAM」を8Gバイト搭載し、最大32GバイトまでRAMの増設が可能だ。LANポートはギガビットイーサネット(GbE)を4ポート、オプションで10GbEカードを追加できる。また、最新OS「QTS4.0」を搭載。RAID拡張エンクロージャーを最大8台まで増設可能で、500Tバイトを超えるストレージ容量を実現。複数のRAIDグループを束ねたストレージプールを構築し、その上で複数のボリュームやLUN(論理ユニット)を作成できる。

 今回の新シリーズでは運用管理機能も強化。搭載された個々のHDDのステータスを視覚化して、その状態を一覧把握できるようになった。さらにソリッドステートドライブ(SSD)キャッシュによるI/Oアクセスの高速化や、「vStorage API for Array Integration」(VAAI)や「Microsoft Hyper-V ODX」など仮想化環境との連携を強化した。

 フォースメディアによると、新シリーズは企業の基幹インフラや教育機関、研究機関などでの利用にも適しているという。同日、フォースメディアはQNAP TurboNASシリーズの導入前評価や、各種オプションを含めた性能測定などに活用できる「QNAP検証センター」を開設した。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

SNSからの集客に特化したスマホサイト制作ソフト「creca」が「WeChat」や「Weibo」に対応
スターティアラボは、スマートフォン用Webサイトの制作支援ソフトウェア「creca」の機能...

news123.jpg

サイバーエージェント、レコメンドエンジンに人工知能を用いたテキスト解析技術を応用
サイバーエージェントのエディトリアルアドスタジオは、レコメンド エンジンの技術開発に...

news098.jpg

「WeChat」など中国の主要ソーシャルメディアへの広告出稿、テンセントIBGが日本企業向け支援サービス提供
テンセントIBGは、訪日中国人観光客の急増によるビジネス機会の獲得を目指す日本企業を対...