2013年11月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「大手ベンダーや大手SIを利用したくなかった」クラウド導入を進める英ジャガー・ランドローバーが大手ベンダーに抱く不満

仮想化、自動化、デスクトップ仮想化によりITを刷新した英自動車メーカーのJaguar Land Roverは、インフラのIT効率、アジリティ、拡張性をさらに高めるため、クラウドの導入を図っている。

[Archana Venkatraman,Computer Weekly]
Computer Weekly

 英自動車メーカーのJaguar Land Roverは、この2年間で仮想化と自動化の他、業務に必要なモバイル機能とコラボレーション機能を実現するツールを導入してデータセンターインフラをアップグレード。英国中心だったITをグローバルな設備へと一変させた。

 Jaguar Land RoverのITチームは、英国のデータセンターにVMware vSphereを採用し、仮想マシンをプロビジョニングして世界各地のエンジニアが利用できるようにしている。

Computer Weekly日本語版 2013年11月6日号無料ダウンロード

1106_120.jpg

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2013年11月6日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 同社のゴードン・マクマランCTOによると、仮想化のおかげで全てのデータ、アプリケーション、IPリソースを英国内に保持し、中央のITチームがIT資産を完全に管理しながら無制限のデータアクセスを世界中のエンジニアに提供できているという。Jaguar Land Roverの狙いは、そこから仮想化をさらに進めて、アジャイルなインフラを構築することだったと、マクマラン氏は言う。

 「弊社の長期的なロードマップは、拡大するJaguar Land Roverのサプライヤー、エンジニア、ユーザーベースに合わせて拡張できる、スケーラブルでアジャイルなITインフラを構築することだ。しかし同時に、インフラのテクノロジーに気を取られず、もっと戦略に関わるIT課題に力を注ぎたいという思いがある」(マクマラン氏)

 Jaguar Land RoverのITチームにとって、IT資産の仮想化はクラウドへの第一歩だった。

 「弊社は、クラウドに関してはまだ比較的成熟度が低い。現在は、米VCEのVblockの導入を精力的に進めている。Vblockは、Cisco、EMC、VMwareのコンピューティング、ネットワーク、ストレージテクノロジーを統合する、垂直統合型のクラウドPaaS(Platform as a Service)だ。VCEのクラウドプラットフォームは、VMwareの仮想化テクノロジー向けに設計されている」とマクマラン氏は説明する。

 選定に際しては、数社のクラウドベンダーに問い合わせをした。最終的にVCEを導入することに決めたのは、Jaguar Land Roverの仮想化されたインフラとの親和性と、統合済みですぐに利用できる点が決め手となった。「評価をした結果、弊社の利用ケースでは、Vblockが最適だった」とマクマラン氏は説明する。

 マクマラン氏はさらに、プロセスに時間がかかり、複雑なため、大手ベンダーや大手システムインテグレーターを利用したくなかったと明かす。「大手SIには、新規のクラウドユーザーがすぐにクラウドを利用開始できる簡単なプロセスがない。VCEのように、古くからの業務慣行に縛られず、すぐにサービスを提供できる新しい企業を弊社では求めている」

 VCEのVblockインフラは、Jaguar Land Roverの仮想化されたデータセンターに導入され、同社のプライベートクラウドとして機能する。まずプライベートクラウドを導入し、その後パブリッククラウドサービスを導入してハイブリッドクラウド環境に移行するというのが、Jaguar Land Roverのクラウド戦略だ。

 「プライベートクラウドの導入後、パブリッククラウドを導入し、ハイブリッドITを構築することは、よく知られたクラウド成熟度モデルの1つだが、それを弊社ではクラウド導入戦略にしている」とマクマラン氏は説明する。

 Jaguar Land Roverは、エンジニアリング関連と設計関連のアプリケーションも含めて、ビジネスクリティカルなアプリケーションとワークロードをVCEのプライベートクラウドプラットフォームに移行する予定だ。

 Jaguar Land Roverの場合、知的財産(IP資産)がビジネスに極めて重要であるため、ITインフラのセキュリティが何よりも大事だ。

 最初にプライベートクラウドサービスを導入することにした主な理由は、プライベートクラウドの持つ企業ユースへの対応力、洗練されたシステム、セキュリティ、既存インフラとの親和性だ。「基盤のテクノロジーの問題に煩わされたくない」とマクマラン氏は言う。

 パブリッククラウドサービスは、コンシューマー向けアプリケーションと、マーケティング、広告、モバイルコンピューティング関連のワークロードに利用する予定だ。パブリッククラウドに関してはプロバイダーを評価している段階で、現在は堅牢なプライベートクラウドインフラを構築することに注力している。「大半のワークロードはVCEクラウドに配置するが、約10%はパブリッククラウドプラットフォームに配置する」ことになる。

 さらにマクマラン氏は、クラウド導入について、次のように語っている。

続きはComputer Weekly日本語版 2013年11月6日号にて

1106_80.jpg

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

サイバー・バズ がインフルエンサーコマース事業を開始
サイバー・バズは、SNSで影響力を持つ人気のインフルエンサーが愛用品やおすすめ商品をピ...

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...