2013年11月13日 00時30分 UPDATE
info Center

読者の「知りたい」にベンダーが答える!動き出した企業のWindows OS移行、その最新動向は?

Windows XP、Windows Server 2003のサポート終了を前に企業のOS移行の動きが見えてきた。移行先のOSは何なのか。移行に向けた課題は。最新動向とソリューションをまとめた。

[ITmedia]

動き出した企業のWindows OS移行、その最新動向は?

TechTargetジャパンは2013年8月19日から9月3日まで、読者会員を対象に「Windows 8およびWindows Server 2012に関する読者調査」を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


企業のWindows OS移行における3つの課題

課題1:最新Windows OSへの移行に技術上の課題がある

課題2:最新Windows OSの移行に時間が不足している

課題3:最新Windows OSへの移行にコストが掛かる


注目記事

Windows Server 2003サポート終了にも効く「SDN×仮想化共通基盤」とは

「Windows Server 2003/2003 R2」の延長サポート終了が2015年7月に迫り、最新OSへの移行を考えなければならない。一時的な延命策として仮想化環境で運用する方法もあるが、ネットワーク経由での脅威に注意が必要だ。その有効策とは?


最新のHyper-V環境のメリットを最大化する秘訣

Microsoftの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」に標準搭載された「Hyper-V」。多くの機能追加や拡張が行われたこの技術の導入メリットを解説する。


老朽化したファイルサーバを救う「OS移行先延ばし回避策」

2015年7月に延長サポートの終了を迎える「Windows Server 2003」。企業システムの根幹を担う同OSのサポート終了がユーザー企業に与えるインパクトは大きい。社内業務で最も使われているファイルサーバの最適な移行方法を考える。


すぐに移行できないWindows XPを守る「仮想パッチ」という解決策

さまざまな理由でWindows XPを使い続けないといけない場合のセキュリティ対策をどうするか。これまでのシステムやネットワーク構成を変更せずにセキュリティを高める「仮想パッチ」が有効だ。


注目ホワイトペーパー

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ここまで変わる! 最新技術を搭載したファイルサーバの性能を徹底検証

多くの企業が悩むファイルサーバの最適化。その効果的な方法である「最新のサーバプラットフォームへの移行」の具体的な差異を明らかにするために、日本仮想化技術が旧世代と同一環境で性能を比較した。


日本ヒューレット・パッカード株式会社

Windows XPサポート終了前にユーザーがすべきこと

2014年4月のサポート期間終了を間近に控えながら、いまだに多くの企業が使い続けているWindows XP。後継OSへのアップグレードがベストなのは明白だが、迅速に動けない企業もいる。サポート期間終了を前に企業はどうすべきか。


サイバネットシステム株式会社

Windows XPサポート終了間近、ユーザーデータの移行はどうする?

マイクロソフトによるWindows XPサポートが間もなく終了する。最新OSへの移行は、新規PCを導入すれば解決、とはいかない。最大の課題はXPで利用していたユーザーデータの移行なのだ。


サイバネットシステム株式会社

Windows XPから7への移行における2つの課題とその解決法

Windows XPのサポート終了まで秒読み開始段階。遅々として進まない企業のOS移行作業のコストと手間、リスクを削減しスムーズな移行を進める秘策はあるのか?


読者調査結果リポート

Windows 8/Windows Server 2012に関する読者調査リポート

Windows XP移行先は「Windows 7」が96.5%と圧倒的な状況

2014年4月のWindows XPサポート期間終了まで半年あまり。また、2015年7月にはサーバOS「Windows Server 2003」のサポート終了も予定されている。これらのOSの移行状況を読者に聞いた。