2013年11月14日 08時00分 公開
特集/連載

Xtreme Labs買収で新展開か社内システムのモバイル化を手助け、Pivotalの買収戦略を解き明かす

米Pivotalはモバイルプラットフォーム開発会社のXtreme Labsを買収し、同社のツールを自社の製品ポートフォリオに組み入れる構えだ。これは、社内にモバイル担当を置けない小規模のIT部門にとって有用な取り組みになりそうだ。

[Mike Anderson,TechTarget]

 エンタープライズモバイルが事業運営において果たす役割が拡大するにつれ、モバイル戦略を策定し、堅実に運用できるモバイルプラットフォームを用意することがますます重要になった。

 米Pivotalはこのニーズを認識し2013年10月、カナダのXtreme Labsを買収した。Xtreme Labsは、企業向けのモバイルプラットフォームを設計および開発しており、顧客にはFortune 500企業も複数含まれている。

 買収額など取引の詳細は公表されていない。

 今回の買収で、Pivotalは新たなツールを製品群に迎え入れ、Xtreme Labsは資金力のある企業の支援を獲得することになる。だが、この恩恵を最も受けるのは、社内にエンタープライズモバイルを扱える人員がいない企業のIT部門かもしれない。

 Xtreme Labsのモバイル開発戦略と、Pivotalのアプリケーション・データインフラを組み合わせれば、モバイルプラットフォームを導入するツールを顧客に提供できると、業界ウオッチャーは話す。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...