2013年12月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

関連ツールも豊富に移行しない理由がもはや見当たらない「クラウドメール」のメリット

メール環境をクラウド上に移すことでユーザーはさまざまなメリットを得られる。利用規模や用途によって異なるが、コストも大きく抑えられるだろう。

[Mike Anderson,TechTarget]

 クラウドベースのメールサービスを使うことでIT部門のメッセージインフラストラクチャに関する作業負荷が軽減され、多くのメリットを得られる。従来、メールをクラウドに移行するのは容易ではなかったが、メールの移行作業を簡略化し、メールの管理、アーカイブ、セキュリティなどのサービスを提供する多数のツールが公開されたことで、作業負荷が下がっている。

 コンテンツインフラストラクチャプロバイダーの米Metalogix Softwareは11月下旬、「Amazon Web Services」(AWS)対応の「Total Email Management」ツールを公開した。このツールでは、クラウドにデータをバックアップする企業向けにメールのアーカイブ、セキュリティ対策、移行、継続性などの機能を提供する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

マーケティングオートメーション、8割の企業がつまずく「導入後」の話
苦労の末に社内の合意を取り付け、ようやくマーケティングオートメーション導入が実現。...

news088.jpg

Jストリーム、360度動画の制作配信サービスを提供開始
動画配信のJストリームは、360度動画の制作およびライブ/オンデマンド配信を行う「J-Str...

news039.jpg

SSP「fluct」、ユーザー企業にモバイルアプリ向けマーケティングツール「Repro」を提供開始
fluctはReproと提携し、SSP「fluct」を利用するアプリディベロッパーに対し、モバイルア...