2014年01月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

米TechTargetが約400人を対象に調査2014年は半数に昇給のチャンス、システム管理者が注目される理由

IT技術や製品・サービスの急速な進化は、従業員の生産性改善と業務コストの削減に貢献する。それを下支えするシステム担当者が今、脚光を浴びつつある。彼らの生態に迫ってみよう。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

関連キーワード

サーバ | 管理者 | IT部門 | スキル


サーバ管理者に聞いた、2014年の課題と技術展望

 データセンターを支える全てのサーバとシステムを管理・維持するには、高度に訓練されたスタッフが必要だ。だがシステム管理には鋭い技術知識と連係に対する洞察力だけでは不十分だ。

 米TechTargetは先ごろ、ITプロフェッショナル約400人を対象として、サーバ管理者の関心事や職業的特徴、待遇、労働環境などに関する調査を実施した。その結果を以下に示す。

 調査に回答したITプロフェッショナルのうち237人が「サーバやシステムの管理に大半の時間を費やしている」と答えた。2014年の課題として「WANまたはLANのネットワーク問題に取り組む」と回答した人は39%、「今後もサーバ管理に集中する」という回答は36%、「社内の仮想化プロジェクトに取り組む」という回答は33%だった。

 ホステッドサービスプロバイダーの米VirtualQubeのスコット・ゴースター最高経営責任者(CEO)は「仮想化技術はハードウェアとソフトウェアの両面で急速に進歩しており、従業員の生産性を高める一方で総合コストを削減する高度なソリューションをIT部門は提供できるようになった。これはITプロフェッショナルにとって大きなチャンスだ」と指摘する。

サーバ管理者の平均年収は? 回答者52%が「2014年は昇給見込みあり」

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...