Loading
2014年01月20日 00時00分 UPDATE
PR

コスト削減、セキュリティ強化、管理性向上の経営課題に応えるグローバル企業で求められるプリント業務の質と透明性 先進事例から最適解を探る

グローバル企業の経営者は、激しさを増す国際競争の中で、さまざまな施策を模索している。その中で近年、急速に重要度が高まっているのが、プリント業務の最適化である。そこで求められる最適解とは?

[ITmedia]

 現在、世界各国に拠点を持ってビジネス展開しているグローバル企業は、市場環境が急激に変化する中で、激しい国際競争に直面している。そして、各企業の経営者は、激化するグローバル競争を生き残るためにさまざまな施策を模索しているのが実情だ。

 特に昨今、グローバル企業が抱える大きな課題として指摘されているのが、プリントに関わるコストの肥大化と業務負荷の増大である。業務に関するプリントアウトやコピーをはじめ、商品カタログや年次報告書などの制作も含めたトータルプリンティングコストは総売上高の約3%を占めるともいわれている。

 また、IT管理者のヘルプデスク業務の約半分がプリントに関わる案件であるという現実も見逃せない。例えば、プリンタのトナーが切れた、用紙がなくなった、用紙が詰まって動かなくなったなど――。IT管理者、さらにはオフィスワーカーの生産性向上のためにも、プリントに関わるワークフローの最適化が求められているのである。

 こうしたプリント業務の課題に対して、グローバルレベルでの効果・効率を両立した最適解を提案しているのがコニカミノルタだ。本稿では、2013年12月13日に行われた「第26回 ITmedia エグゼクティブフォーラム」でのセッション「グローバル企業を支えるコニカミノルタのビジネスソリューション」から、同社がグローバル展開するプリント最適化サービスのもたらすメリット、具体的な事例について紹介する。

提供:コニカミノルタ株式会社

提供:コニカミノルタ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部