Loading
2014年01月21日 00時00分 UPDATE
PR

理想的なIT化実現のヒントを解説止められない医療システムを支えるIT基盤の在り方

電子カルテやオーダリングシステムなど、医療現場のIT化の裾野は着実に広がっている。しかし実際には多くの医療機関がシステム導入や運用に課題を抱えている。その解決に向けたヒントを具体例を交えて解説しよう。

[ITmedia]

 医療の質の向上や業務の効率化を目的として、多くの医療機関が電子カルテや医事会計など各種システムの導入を進めている。しかし、期待されたほどの成果が挙がっていないケースも少なくない。「どうすれば効果的にIT化を進められるのだろうか」と頭を抱える管理者も多いだろう。

 こうした状況の中、SCSKが2013年11月27日に開催した「医療IT最適化セミナー 〜医療業務の効率化と止められない医療システムを支えるIT基盤の最適解〜」では、事例やパネルディスカッションを交えつつ、医療IT化の課題解決に向けた5つのポイントと具体的なアプローチ方法が提示された。また、病院業務の根幹を支える“止められないIT基盤”の構築に関するヒントも紹介された。以下のセミナーリポートは、医療システムの構築、運用管理に携わる諸氏には必読の資料だ。

提供:日本ストラタステクノロジー株式会社/SCSK株式会社

提供:日本ストラタステクノロジー株式会社/SCSK株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部