2014年01月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

シェラトンホテル、デルタ航空も積極活用「スマートフォン/タブレット不要論」が会社をダメにする

イノベーションに後ろ向きの企業は、他社との差異化ができなくなる――。さまざまな業種/業態で最新技術を取り入れる動きが進む中、もう企業は「安定志向」ではいられない。

[Diana Hwang,TechTarget]

 急激な技術革新が進行中の現在、企業のIT部門は自社の競争力を獲得するために、新しいデバイスやソフトウェアのアップグレードをより迅速に展開することを余儀なくされている。

 IT部門に対するこの圧力の一因は、モバイル端末、クラウドサービス、ソーシャルメディア、ビッグデータなど、業界の有識者が「第3のテクノロジープラットフォーム」と呼ぶものにある。「こうした分野全ての成長は、世界中のIT支出の増加に伴い加速するだろう。2014年のIT支出は、2013年と比べて5.1%増加し、全世界では2兆1400億ドルに達する見込みだ」と、米市場調査会社IDCは指摘する。

 「イノベーションに後ろ向きの企業は、遠からず他社との差異化ができなくなる」と、IDCが開催した2014年を予測するWebキャストの中で、同社上級副社長兼主席アナリストのフランク・ジェンズ氏は語る。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...