2014年01月27日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Ciscoが考えるSDN戦略とはネットワーク分野で注目集めるもう1つの「Nexus」

Ciscoは、先日発表した「Application Centric Infrastructure」(ACI)により、次代のユニファイドデータセンターを定義すると意気込む。パートナー企業も巻き込んだ、その野心的なデータセンター戦略を読み解く。

[Lynn Haber,TechTarget]

 米Cisco Systemsが2013年11月に発表した「Application Centric Infrastructure」(ACI)。次代のユニファイドデータセンターを定義するという触れ込みだ。Ciscoは、ACIの発表により、同社の“スピンイン”(※)企業であるInsieme Networksの中核技術を形にしただけでなく、野心的なデータセンター戦略を打ち出した。

※スピンイン:Ciscoの元社員が同社の出資を受けて起業し、その新興企業をCiscoが買収するモデル。

 Ciscoのワールドワイドチャネルデータセンター営業担当シニアディレクター、ジョン・グロードン氏は、ACIがパートナーに売り上げ機会と利益機会を提供すると述べ、「データセンタースイッチングの観点からみて、チャネルパートナーは過去最大のチャンスを手にする」と強調した。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

サイバーエージェントがDDTプロレスリングを買収
サイバーエージェントは、DDTプロレスリングの発行済み株式の全株式を取得したことを発表...

news069.png

Twitter投稿を基に番組視聴者のペルソナを可視化、データセクションのテレビ番組口コミ分析サービスに新機能
データセクションは、テレビ番組口コミ分析サービス「TV Insight」において、ソーシャル...

news058.jpg

アプリ利用者を特定してアンケート調査、「App Ape」と「TesTee」が連携
フラーは、リサーチツールの提供を行うテスティーと共同で、アプリ所持ユーザーや休眠ユ...