2014年01月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイド「いつでも、どこでも、どんな端末でも」──変化を迫られるITサービス

エンタープライズコンピューティングは変動期にある。重点は自動化やユーザー端末への対応へとシフトしている。

[Bill Martorelli, Wolfgang Benkel,Computer Weekly]
Computer Weekly

 ワークプレース(訳注)サービス市場が急速に進化している。

訳注:ネットワーク接続やコラボレーション、デスクトップ環境その他、エンドユーザーの業務環境全般を指す。

 ワークプレースサービスはモバイルと結び付き、物理的に固定された場所との関係はもはや薄れた。いつでもどこでも、どんな端末からでもサービスにアクセスしたいという欲求が、ワークプレースサービスの進化を要求している。

 ポストデスクトップ時代のユーザーニーズは変わりつつある。ソーシャル、モバイル、分析、クラウドといった新しいニーズは、「Workplace as a Service(サービスとしてのワークプレース)」のような新しい働き方のモデルや、事業価値に重点を置いた価格体系と相まって、デスクトップからワークプレースサービスへの変化を促している。

 ユーザーは職場でもコンシューマー機器レベルの使用感を期待するようになった。結果としてIT組織は、タブレットやスマートフォンといった端末をエンタープライズ環境でサポートすることを強いられ、一方でセルフサービスやソーシャル技術を通じたユーザーの自律範囲の拡大を迫られている。

 ワークプレースサービス管理の重点は、物理環境から仮想環境へとシフトしている。これまでのような物理的な提供と管理から、仮想的なリモート配信へと重点が移り、サポート機能は高度に自動化されて、ユーザーのセルフサービスが重視される。それに伴う変化として、デスクトップイメージ管理やアプリケーションパッケージ化の重要性は薄れ、私物端末の業務利用(BYOD)のシナリオと、GPSに対応したモバイル端末の活用において、個人を会社から切り離すことの重要性が高まった。

 これによってワークプレースサービス提供の重点がシフトした。現場での責任や負担をユーザー側に移すことによって、エンドデバイスハードウェアからの独立(どのような端末でも)、あらゆる種類のモバイル機能のサポート(いつでも、どこでも)、ユーザーの生産性向上(どのような端末でも)が促進される。

関連コンテンツ

13481.gif

導入しかけたiPadを止め、Windows 8タブレットに切り替えた導入事例。担当者の決断は正しかったのか?


ワークプレースサービスの進化

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

日本人がまだよく知らないYextと「DKM」のこと
2018年10月に米国ニューヨークで開催された「ONWARD18」の概要を紹介する。

news006.jpg

「100年後も生き残ると思う日本企業」調査、トヨタとホンダが不動の1、2位――リスクモンスター調べ
リスクモンスターは「100年後も生き残ると思う日本企業」調査を実施しました。

news019.jpg

KDDIまとめてオフィスが3000万円のムダ打ちから学んだB2Bマーケティングの正攻法
全国の中小企業向け支援サービスを展開するKDDIまとめてオフィスは、過去のマーケティン...