Loading
2014年01月30日 00時00分 UPDATE
PR

Hadoop基盤を月額サービスで提供ビッグデータのスモールスタートを実現するクラウドサービス

近年、急速に認知が高まったビッグデータ。一方で、コストやスキル面でのハードルが高いのも事実だ。そこで、ビッグデータ活用のためのIT基盤を低価格かつ迅速に導入・運用できるクラウドサービスを紹介する。

[ITmedia]

 ビッグデータといえば、少し前までは一部の先進的な企業に限られたものという印象が強かったが、ここ1年ほどの間でそのメリットが一般企業の間でも広く認知され、実際に導入に乗り出す企業も増えてきた。その一方で、コストやスキルの壁に阻まれて導入に踏み切れなかったり、あるいは導入したりしたものの、思うようにその活用が進まないといった悩みを抱える企業も多い。ちまたでは、大規模なデータウェアハウス(DWH)や並列処理基盤を使った大掛かりなビッグデータ分析の事例が取り沙汰されているが、当初からそのような規模のシステムを準備するにはコストや手間など、ハードルがあまりにも高いのだ。

 さらにいえば、ビッグデータ活用はシステムを導入すれば、すぐに実現するわけではない。長い時間をかけて、試行錯誤を繰り返しながら徐々にデータ分析の精度を高め、少しずつ効果を発揮していくものなのだ。逆にいえば、ビッグデータ活用をスムーズに始めるためのポイントは、小規模で精度が粗くてもいいから、とにかくビッグデータ分析の一連のPDCAサイクルを早く回し始めることである。

 しかしながら、これまでは、ビッグデータ活用には大規模かつ複雑なIT基盤が必要だという認識から、スモールスタートは難しいと広く考えられてきた。そんな中、こうした常識を覆して、ビッグデータ活用のためのIT基盤を低価格かつ迅速に導入・運用できるサービスが新たに登場した。

提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社

提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部