Loading
2014年01月30日 00時00分 UPDATE
PR

オールインワンのビッグデータ処理基盤がビジネスを変えるビッグデータ活用に欠かせないシステムの3要素とは?

企業ビジネスに変革をもたらすと期待される「ビッグデータ」。活用の機運が高まりつつある中、IT基盤の課題が積極的な活用を阻んでいるという。ビッグデータ活用で外せないシステム要件をあらためて整理してみる。

[ITmedia]

 ビッグデータのビジネス活用は、少し前までの「一部の先進的な企業の取り組み」という段階から、徐々に一般企業への普及段階に差し掛かりつつある。データウェアハウス(DWH)をはじめとするデータ管理基盤の構築や、「Apache Hadoop」(以下、Hadoop)に代表されるビッグデータ処理基盤の導入を検討する企業が増えてきている。しかし、いざ導入検討を始めてみると、ビッグデータには実に多くの側面があり、その管理や処理を担うIT基盤にも多様な要件が求められることが分かる。

 例えば、Hadoopも決してそれ単体でビッグデータ活用シナリオの全てをカバーできるわけではない。データベース管理システム(DBMS)を含むさまざまなシステムコンポーネントを多数組み合わせないことには、ビッグデータの実践的な活用にこぎ着けることはできないのだ。この「複雑なシステム構成の設計・構築」がネックとなり、ビッグデータ活用に乗り出すことをためらったり、実際に構築を始めたものの当初想定した効果を得ることができないケースが多いという。

 そこで最近注目を集めているのが、さまざまなシステムコンポーネントをオールインワンで提供するビッグデータ処理基盤だ。ビッグデータ活用でIT基盤に求められるあらゆる機能を全て提供するという。このソリューションが具体的にどのようなメリットを提供するのか、詳しく見ていこう。

提供:インターシステムズジャパン株式会社

提供:インターシステムズジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部