2014年02月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

目的はセキュリティだけではない現場に嫌がられない「Windows監査」の進め方

デスクトップ監査の成功によって、システム管理の合理化を進めることができる。その効果を最大限に高めるためには留意すべき点がある。5つのポイントで解説する。

[Kevin Beaver,TechTarget]

 自社のWindowsデスクトップ環境が適切なポリシーと基準に沿っていることを確認するために、前回監査を行ったのはいつだっただろうか。多くのネットワーク管理者は幸運にも、必要に応じて展開される標準的なデスクトップイメージを管理している。全てのデスクトップ上に何があるかの正式な監査は問題外に思えるかもしれない。

 目指すのはWindows設定の標準化だろうか。あるいはエンドポイントセキュリティへの理解を深める必要があるかもしれない。自社のソフトウェアライセンスを整理したい場合もあるだろう。目的が何であれ、デスクトップ監査の効果を最大限に高めるために留意すべき点が幾つかある。

Windows監査のために必要な条件

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news082.jpg

「TikTok」にも対応、TWIN PLANETと電通デジタルが「MOVIE GENIC 2.0」を提供開始
TWIN PLANETと電通デジタルは、インフルエンサーの動画広告を制作・配信するソリューショ...

news061.jpg

Amazon独走にWalmartが待ったをかける、海外小売業の最新動向
今、世界の小売業のデジタルシフトはどこまで進んでいるのか。業界事情に詳しいエキスパ...

news024.jpg

目標管理はExcelか紙が7割、アナログ過ぎる日本の職場の現実――HRBrain調べ
HRBrainは「目標管理の実態と従業員の本音に関する意識調査」を実施しました。