2014年03月05日 00時00分 UPDATE
PR

最適なインフラ選定の基準アナリストが明かす これからの企業向けクラウドに求められる条件とは

多様なサービスが登場し、適用範囲が広がりつつあるIaaS。だが、シャドーITの問題など利用には注意すべき落とし穴もある。企業が検討すべきポイント、サービスに求められる要件などについて、ITRの金谷敏尊氏に聞いた。

[ITmedia]

利用基準に沿って、各システムに最適なインフラを選択

 CPUやストレージ、OSなど、システムに必要なインフラリソースをサービスとして提供するIaaS(Infrastructure as a Service)の利用が拡大している。

 IT調査・コンサルティング会社であるアイ・ティ・アール(以下、ITR)の調査によると、国内PaaS(Platform as a Service)/IaaS市場の2012年度の市場規模は841億4000万円、前年度比45.3%増と大幅な伸びとなった。2013年度は前年度比39.0%増と引き続き大きな成長が見込まれると予想しており、1169億5000万円にもなるという。2012年度から2017年度までの年平均成長率は25.7%、市場規模は2600億円を超えると予測されている(図1)。

zuhan001.gif 図1:ITRによるPaaS/IaaS市場規模推移および予測
2012年度の市場規模は前年度比45.3%増と大幅な伸びとなった。2013年度は前年度比39.0%増と引き続き大きな成長が見込まれると予想。2017年度には、市場規模は2600億円を超えると予測されている
itr_s.jpg アイ・ティ・アール プリンシパル・アナリスト(ITR) 金谷敏尊氏

 「最近はバックオフィス系の業務システム、さらには基幹システムまでをIaaS上で稼働させるケースも珍しくなくなってきています」とITRのプリンシパル・アナリスト、金谷敏尊氏は説明する。

 その背景には、信頼性の向上や低価格化が進んでいることが挙げられる。特に価格面では、サーバの高性能化により、1筐体当たりの集約度が向上。より多くの顧客を収容できるようになってきていることや、IaaS市場の拡大によってスケールメリットが高まっていることが、コストメリットとして顧客に還元されている。

 一方、IaaSを利用する上では、幾つかの注意点がある。企業は今、何に注意し、どのような視点でサービスを選定していけばよいのか。次項で詳しく説明しよう。

提供:日本電気株式会社

提供:日本電気株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部