2014年03月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

データの一元化でプロセスを可視化PLMベースのシステム統合で車両設計を合理化したJaguar Land Rover

高級車メーカーJaguar Land Roverが業務システムを一新し、車両の設計と生産管理で使用するデータを一元化した。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 英国の高級車メーカーJaguar Land Roverは、新車の開発プロセス改善に当たって、製品ライフサイクル管理(PLM)システムで使用するデータを共有するための標準化を行った。

Computer Weekly日本語版 3月19日号無料ダウンロード

0319_120.jpg

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 3月19日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 同社は2008年、米FordからインドのTata Motorに11億5000万ポンドで売却された際に、業務システムを刷新した。この買収によって、FordのITシステムからPLMシステムへ移行することを余儀なくされたからだ。

 本誌Computer Weeklyは、Jaguar Land RoverのPLM担当シニアマネジャー、デイヴ・シャラット氏に話を聞いた。同氏は、「新しい業務システムの構築は、文字通り白紙の状態から始めた」と語る。

統合してシンプルに

 シャラット氏によると買収当時のJaguar Land Roverは、システムを統合して簡素化するテクノロジーと、新しい車両を設計するための一元化したデータを必要としていた。

 同社は、一貫していて重複のないSVOT(Single Version Of the Truth)状態のデータをベースとする、新しいPLMシステムを構築するためのアーキテクチャを策定。CAD、CAM(コンピュータ支援製造)、CAE(コンピュータ支援エンジニアリング)などの既存アプリケーションでそのデータを利用するところから、新たな取り組みを開始した。

 「PLMシステムは必要に応じて、ERPシステムに接続する」とシャラット氏は語る。

 自動車の設計や製造で使用するアプリケーションはある程度統合されており、あるアプリケーションがデータを別のアプリケーションに渡すことは一般的な流れだ。だがJaguar Land Roverとしては、データは作成元のアプリケーション内にまとめておき、他のアプリケーションにはAPI経由で必要なデータを参照させる方式を希望していた。

 「こんなことをやっている会社は他に見当たらなかったので、複数の企業と提携して作業に取り組んだ。具体的には、仏Dassault Systemesと米IBMが共同で提供しているPLMをベースにした」とシャラット氏は説明する。この取り組みの成果は、Jaguar Land Roverの2015年の新車開発に導入される見込みだ。

データの接続

 システムの統合は、OSLC(Open Services for Lifecycle Collaboration)で定められた標準に従って進めた。OSLCは、アプリケーション間のデータ交換を実行するための一連のAPIを提供している。

 Jaguar Land RoverはDassault SystemesおよびIBMの協力を得て、IBMがRationalブランドで販売しているツールセットでDassaultのPLM製品「Enovia」に接続し、高級車の設計と製造の分野にこのシステムを適用する。

 2つの製品間の複雑なマッピングを実現したことで、Jaguar Land Roverは業務プロセスが正しく進行していることをデータの流れから確認できるようになった。

 「製品で実現しなければならない要件を定義している場所から、全車両のマイルストーンとそのスケジュールをRationalツールセットに対して公開する。要件はEnoviaに転送する。Enovia上で検証プロセスを実行するからだ」とシャラット氏は語る。

 同社では製品開発テストの照合にもRationalツールセットを使用する。

続きはComputer Weekly日本語版 3月19日号にて

0319_120.jpg

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 3月5日号:サーバ市場を揺るがすIBM+Lenovo連合

Computer Weekly日本語版 2月19日号:次世代ホットスポット「NGH」徹底解説

Computer Weekly日本語版 2月5日号:仮想化コストを増大させる勘違い


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news108.jpg

マイクロアド、アプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供開始
マイクロアドは、アプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供を開始し...

news110.jpg

「Pepper」用動作設定アプリにデータ分析ツールを連係、ソフトバンク・テクノロジーグループが提供
M-SOLUTIONSとソフトバンク・テクノロジーは、「Smart at robo for Pepper」のオプション...

news105.jpg

Jストリームとゼロスタート、「サイト内検索連動型動画広告サービス」を共同開発
Jストリームは、ゼロスタートと「サイト内検索連動型動画広告サービス」の提供に向けて共...