Loading
2014年04月16日 00時00分 UPDATE
PR

ビジュアルなリポートで将来を予測するデータ分析のハードルを大きく下げる BAソリューションが注目される納得の理由

データ分析の重要性は分かっているが、BIツールでは現状の把握にとどまってしまう。またBAツールは使い方が難しく使いこなせない。その常識を覆す、ビジネスの将来予測も可能で簡単に使いこなせるツールとは?

[ITmedia]

 企業内に蓄積される情報をいかにビジネスに活用していくかは、企業にとって重要な経営課題となっている。これまでもBI(ビジネスインテリジェンス)ツールなどによって、企業の情報活用は進められてきているが、ビッグデータ時代に入り、多種多様かつ膨大な情報をリアルタイムに分析処理するためには従来のBIの仕組みでは対応しきれなくなってきているのが実情だ。

 こうした背景の中で、BIから一歩進んだ情報活用として注目されているのがBA(ビジネスアナリティクス)である。BAは、より高度な情報分析と将来予測を行うことで、ビジネス成長へとつなげていく手法。従来のBIによるデータ分析では、過去の情報を正確に捉え、マーケティング担当者の経験と勘を加味して意思決定を行う。一方、BAでは多角的な統計分析データを踏まえて、勘ではない高精度な将来予測を基に判断することが可能となるのである。

 しかし、BAのニーズが高まっている一方で、実際には導入へのハードルはまだまだ高く、何から始めたらよいのか、どのデータをどう組み合わせればよいのか、悩んでいる企業も少なくない。本稿では、BA導入への課題を解決し、ビッグデータ時代に求められる一歩進んだ情報活用ステージへ踏み出す道筋を探る。

提供:富士通株式会社

提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部