Loading
2014年04月22日 00時00分 UPDATE
PR

6年間の長期サポートを年額42万円で提供そのLinuxシステム、トラブルゼロで5年以上運用する自信はありますか?

数年前なら目をつぶってもらえた小さなシステム障害が、最近では大きな問題になることも――あなたの会社でも“安定稼働”への要求が高まっていないだろうか。それが「Linux環境」ならばシステム管理者の悩みは深刻だ。

[ITmedia]

 Linuxがビジネス上重要なシステムを支えるようになり、半年サイクルで提供されるマイナーリリースへの対応に頭を抱えているシステム管理者は多い。「安定稼働しているOSをアップデートしたくない」「計画停止はこれ以上増やせない」という切実なニーズに応える仕組みやサービスは、これまでほとんど見当たらなかった。

 そんなシステム管理者の方々に朗報がある。「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)を対象に「6年長期サポートを年額42万円(税別)」で提供するサポートサービスが登場したのだ。RHELの通常サポートでは得られないメニューを用意し、ユーザー企業はx86サーバ機でも商用UNIXを搭載したハイエンドサーバ並みのOSサポートを受けることができるという。

 ミッションクリティカルなLinuxシステム、ビジネス上の重要度が高まっているLinuxベースのシステムを運用管理する方にとっては、救世主ともいえるサポートサービスの登場である。その全容を紹介しよう。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部