Loading
2014年04月22日 00時00分 UPDATE
PR

成功への近道は?「スモールスタートで簡単導入・体感」 成長を目指す小売店が注目するデータ分析最前線

競争環境が日々変化する市場の中で生き残るにはデータ分析が欠かせない。そう考える中小規模の小売店が増えている。全国の小売店が注目する、データ分析を生かした成長戦略を探る。

[ITmedia]

 小売業界は今、大きな変革期の真っただ中である。少子高齢化が進み、人口減少と消費低迷が続く中、インターネット販売の台頭や業態の壁を越えた競争の激化、デフレによる価格破壊、さらにはソーシャルメディアの影響による購買行動の急激な変化などに対応するため、今まで以上に素早い経営判断と戦略立案、そして現場への展開が必要になってきているのである。

 こうした市場環境の変化に強い小売店を実現するために重要となるのが、ビッグデータを活用した迅速かつ多角的なデータ分析だ。日々の購買データから販売動向や売れ筋商品、地域特性を日々蓄積される膨大な明細データから分析し、消費者ニーズを的確に捉えることが必要不可欠となっており、それを支える高速な情報活用基盤がますます重要といえる。従来、情報活用基盤はBI(ビジネスインテリジェンス)/DWH(データウェアハウス)ソリューションを中核に、全国に多店舗を展開し幅広い商品を扱うコンビニエンスストアやGMSで積極的に導入が進められてきた。しかし今や中小規模のスーパーマーケットやドラッグストアにおいても、従来のインフラでは、消費者のニーズを捉えきれずに機会損失してしまうため、市場のスピードに追従するための高速な情報活用基盤への取り組みが求められている。

 一方で、中小規模の小売店の多くは、IT投資に掛けられる予算が限られており、高速な情報活用基盤を検討していても、導入にまでは至っていないのが現実。また、BIツールは難しいというイメージもあり、導入しても使いこなせないのではないかという運用面での不安も大きい。本稿では、小売店が抱えている高速な情報活用基盤導入の課題解決に向けたベストプラクティスを探る。

提供:富士通株式会社

提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部