2014年04月22日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「Microsoft Azure」を構成するネットワーク「Xbox」「Skype」を支える仮想SDNとは?

米Microsoftが運用する「Microsoft Azure」。このネットワークを支える仮想SDNアーキテクチャの仕組みを紹介する。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]
tt_aa_5978.jpg

 米Microsoftは2014年3月に開催された「Open Networking Summit」で、複数のデータセンターで運用する同社のクラウドサービス「Microsoft Azure」を支える仮想SDN(Software-Defined Network)を紹介した。

 Microsoft Azureネットワークの仮想SDNアーキテクチャは、同ネットワークのコントロールプレーンとデータプレーンを大規模に分散することでスケーラビリティを実現している。このアーキテクチャでは、それぞれ特定のアプリケーション、ネットワークサービス、機能専用の多数のコントローラーが連携して機能している。データプレーンと全てのレイヤー4〜7サービスおよびポリシーは、Microsoft Azureデータセンター内の全ハイパーバイザーホストにわたって実装されている。

コントローラーは1つだけではない

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。

news047.jpg

CyberBull、動画広告に特化したバーチャルスタジオの開発に着手
CyberBullは、動画広告に特化したバーチャルスタジオの開発に着手。2019年内の実用化を目...