2014年05月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド市場再編の一歩となるか?単純明瞭な新価格体系でクラウド市場の悪習に挑戦するGoogle

米Googleは企業向けのクラウドサービスの価格設定を簡略化するとともに、大胆な値下げも断行した。パブリッククラウドプロバイダー間における大規模な価格競争の引き金となりそうな施策だ。

[Jim Mortleman,Computer Weekly]
Computer Weekly

 Googleは3月末に米サンフランシスコで「Google Cloud Platform Live」というカンファレンスを開催した。その中で同社の上級副社長ウルス・ヘルツル氏は、同社のIaaS(Infrastructure as a Service)であるGoogle Compute Engine(GCE)の全リージョン、全クラス、全サイズの料金を32%値下げすると発表した。また同氏はストレージについて、Gバイト単位の一律な料金制度を導入することも表明した。新しい料金体系では、ほとんどのユーザーが従来比で68%の値下げとなる。

Computer Weekly日本語版 5月21日号無料ダウンロード

0521_120.jpg

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 5月21日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 1カ月の4分の1を超える期間にわたって仮想マシンを使用する場合は、さらに最大53%の値引きが適用される。これに関する前払いや事前のコミットメント(確約)は何も必要ない。

新しい料金体系

 一定量以上の利用を確約したユーザーだけに大幅な値引きを提供するなど、クラウドでは分かりにくく不透明な価格オプションがよくみられる。Googleの今回の発表は、そんな競合他社に挑戦状をたたきつけた形だ。新しい価格体系が顧客に受ければ、クラウド市場にまん延する価格設定の混乱は終息するかもしれない。

 予約(リザーブド)インスタンスの価格を競合他社よりも安く設定し、さらに柔軟なオンデマンドオプションも加えることで、Googleは顧客を引き付けられると期待している。そのために、リソースの提供形態も“使用した分だけの料金を払う”シンプルで柔軟なものにした。これで料金は魅力的になるし、費用の予測も立てやすくなる。

 「業界はこれまで、料金体系を単純化する方向には進化していなかった。ユーザーは、今後2〜3年で仮想マシンを何台展開するかをまず推測しなければならない。これでは、シンプルで、需要の変化にも即座に対応する、融通の利くコンピューティングとはいえない。少しずつでも料金を適正なものに変えていくことが必要だ」とヘルツル氏は主張。現在は同一プロバイダーで同一のリソースに対するサービスを申し込む場合でも、10個もの要因の設定値の違いによって料金が変わってくると指摘した。

 この問題は、米調査会社451 Researchのアナリストが201年12月に、クラウドの価格に関するリポート「Cloud Pricing Codex」を発表して指摘していたものだ。「各社が提供するサービスの実質を比べてみたり、さまざまな形態で提供されるサービスに対する賛否両論を評価したりするのは悪夢のような作業だ。プロバイダーによって用語の使い方が少しずつ違ったり、同じものを指す呼び方が異なったりするからだ」とアナリストはリポートの中で説明している。

 Googleが、流れを変えることを狙って攻めの一手を打ったことは疑いの余地がない。現在の市場は依然として、ライバルのAmazon Web Services (AWS)が他社を大きく引き離して独走している。AWSの市場シェアは競合企業の上位4社の合計をも上回っている。それでもGoogleはAWSに挑む立場から、全社を挙げて攻めの姿勢に出ている。

 ヘルツル氏に言わせれば、2014年3月の値下げの発表は、クラウド市場を席巻するAWSに挑むGoogleの、最初の一撃にすぎない。「われわれはクラウドの料金をリセットして、適正な価格を実現したい。その場限りの施策では終わらせない。これは当社の哲学だ。仮想ハードウェアの価格傾向は、物理ハードウェアの価格のそれと連動するものだ。また、ムーアの法則にも従っている」(ヘルツル氏)

 AmazonもGoogleの挑発に応えたのか、Googleの発表直後の2014年4月から、提供中のクラウドサービスの多くについて、7〜40%値下げすると発表した。ただしこのクラウドの王者にとっては、現在の複雑な価格体系をGoogleと肩を並べるレベルまで単純化するにはしばらく時間がかかりそうだ。

新機能の開発

 かたやGoogleは市場でさらなるシェア獲得を目指して、顧客向けに魅力的な新機能を導入しようとしている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news108.jpg

「LINE LIVE」にインストリーム広告、配信者に収益を還元
LINEは「LINE LIVE」上の運用型広告「LIVE Video Ads」の提供を開始した。

news098.jpg

「Best Global Brands 2017」が発表、NetflixとSalesforce.comが初のランクイン
インターブランドジャパンは世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2016...

news078.jpg

オールアバウト、ネイティブアドネットワーク「All Aboutプライムアド」を開始
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」において、独自の基準で選定したライフス...