Loading
2014年06月04日 10時00分 UPDATE
PR

データ処理のあらゆるボトルネックを解消超高速サーバの理想像に最も近い、データ処理の高速化のカラクリとは?

企業向けサーバで常に求められるデータ処理性能の向上。現時点でその理想像に最も近いともいえる最新技術を搭載したアーキテクチャが注目を集めている。その気になる仕組みを解説する。

[ITmedia]
ik_tt_xeon01.png ※Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における IntelCorporation の商標です。

 企業システム向けx86サーバ製品に求められる要件は、時代とともに移り変わってきた。基幹システムにx86サーバが導入され始めた当初は、何よりも「可用性」、そして次に「CPUの処理性能」が厳しく求められた。そして仮想化技術が普及すると、今度はより多くの仮想サーバを集約するために多くのメモリを搭載できるアーキテクチャが求められた。では、現在のx86サーバに求められる要件とは、一体何か?

 相変わらず、バッチ処理の高速性や大量メモリ搭載による仮想サーバの集約は欠かせない。しかし、これに加えて現在の企業向けサーバに求められる重要な要件が、データ処理のパフォーマンスだ。「ビッグデータ」というキーワードを今さら引き合いに出すまでもなく、今日の企業経営はデータ活用の優劣によって勝負が決まるといわれている。そのための技術として、大量データを高速かつリアルタイムに処理できるインメモリデータベースやストリームデータ処理などが脚光を浴びている。

 しかし、いざこれらの技術を導入しても、それを支えるインフラがデータ処理に最適化されていなければ、思うような効果を得ることはできない。では、今日のデータ処理の要件を満たすインフラとは、具体的にはどのようなものなのだろうか? 現時点で、その理想像に最も近いと言えそうな先進技術を搭載したアーキテクチャが注目を集めている。

提供:レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社

提供:レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部