2014年06月03日 20時25分 UPDATE
ニュース

NEWS撮影も録音も不要、しゃべるアバター動画広告作成サービス提供開始

ソフトバンクコマース&サービスは、アバターと音声合成を組み合わせて動画広告を作成するサービス「PIP-Maker for アドバタイズメント」と「PIP-Maker for マーケティング」を2014年6月2日に提供開始した。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 「PIP-Maker for アドバタイズメント」は、「Microsoft PowerPoint」で作成したスライド素材を利用し、15〜30秒の動画が簡単に作成できるサービスだ。PowerPointスライドの「ノート」欄に入力されたテキストを音声合成し、動画内のアバターが読み上げる。撮影・録音の必要がなく、出演者やスタジオの手配、機材調達など動画制作に関するコストを大幅に低減できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。