2014年06月03日 20時25分 UPDATE
ニュース

NEWS撮影も録音も不要、しゃべるアバター動画広告作成サービス提供開始

ソフトバンクコマース&サービスは、アバターと音声合成を組み合わせて動画広告を作成するサービス「PIP-Maker for アドバタイズメント」と「PIP-Maker for マーケティング」を2014年6月2日に提供開始した。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 「PIP-Maker for アドバタイズメント」は、「Microsoft PowerPoint」で作成したスライド素材を利用し、15〜30秒の動画が簡単に作成できるサービスだ。PowerPointスライドの「ノート」欄に入力されたテキストを音声合成し、動画内のアバターが読み上げる。撮影・録音の必要がなく、出演者やスタジオの手配、機材調達など動画制作に関するコストを大幅に低減できる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

2018年の還暦人(かんれきびと)の価値観、赤いちゃんちゃんこは7割が「遠慮したい」――PGF生命調べ
人生100年時代に還暦(満60歳)を迎える人々の価値観とはどのようなものでしょうか。

news122.jpg

ブロックチェーン技術をマーケティングキャンペーンに活用――キャセイパシフィックグループとアクセンチュア
キャセイパシフィックグループは、アクセンチュアと協力してブロックチェーン技術を活用...

news088.jpg

毎日放送とNTTレゾナント、電話口で話した内容をそのままラジオ広告として出稿するシステムの実証実験を開始
毎日放送とNTTレゾナントは、ラジオへの広告出稿を電話で受け付ける実証実験を開始した。