2014年06月03日 20時25分 UPDATE
ニュース

NEWS撮影も録音も不要、しゃべるアバター動画広告作成サービス提供開始

ソフトバンクコマース&サービスは、アバターと音声合成を組み合わせて動画広告を作成するサービス「PIP-Maker for アドバタイズメント」と「PIP-Maker for マーケティング」を2014年6月2日に提供開始した。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 「PIP-Maker for アドバタイズメント」は、「Microsoft PowerPoint」で作成したスライド素材を利用し、15〜30秒の動画が簡単に作成できるサービスだ。PowerPointスライドの「ノート」欄に入力されたテキストを音声合成し、動画内のアバターが読み上げる。撮影・録音の必要がなく、出演者やスタジオの手配、機材調達など動画制作に関するコストを大幅に低減できる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

「女神のマルシェ」がライブコマース連動企画を実施
Candeeは、セブン&アイ・ホールディングスが提供する総合通販サイト「オムニ7」および日...

news071.jpg

ANAグループの顧客接点活用した訪日外国人向けプロモーション支援サービス、デジタルガレージが提供
デジタルガレージは全日空商事と協業し、国内企業や地方自治体が行う訪日外国人向けマー...

news023.jpg

「リタゲ」から「フルファネル」へ――知っていそうで知らないダイナミック広告の活用法
企業が持つアイテムデータを活用し動的(ダイナミック)に配信されるダイナミック広告が...