2014年06月27日 19時10分 UPDATE
ニュース

NEWSSAP HANA最新版登場――RHEL対応や分析機能強化、クラウド連携も

SAPジャパンは、「SAP HANA」のサービスパック8(SP8)の提供を開始した。「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)対応、予測解析機能の強化、クラウド連係などを実現している。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 SAPジャパンは2014年6月6日、「SAP HANA」のSP8を提供開始した。SP8では、HANAを稼働させる認定OSとして、これまでの「SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications」に加え、有償Linuxとして日本で高いシェアを持つ「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)をベースとした「Red HatEnterprise Linux for SAP Applications」を採用。また、「Intel Xeon E7v2」(開発コードネーム: Ivy Bridge-EX)プロセッサベースのシステムや複数のサードパーティーが提供する高可用性およびディザスタリカバリ(災害復旧)製品に対応。さらに20社に拡大したクラウド認定パートナーネットワークなどの活用で、HANAの導入をより迅速に進めることを可能にしたという。

高度なリアルタイム分析

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...