Loading
2014年07月07日 10時00分 UPDATE
PR

株式会社ブロードバンドタワー提供ホワイトペーパースケールアウトNASは何が違う? 5つのポイントで分かるメリット

ビッグデータ活用という企業のニーズに応えるストレージとして「スケールアウトNAS」が注目を集めている。従来型NAS製品とはどこが違うのか、5つのポイントからスケールアウトNASのメリットを見ていこう。

[ITmedia]

 ビッグデータ時代の到来により、企業の抱えるデータが急速に増加したことで、ストレージには、より高速な処理性能と大量のデータへの対応が求められるようになってきた。これにより、拡張性、管理の複雑さ、可用性など従来型NAS製品の課題を解決するスケールアウトNASがクローズアップされている。本資料では代表的なスケールアウトNAS「EMCアイシロン」を取り上げる。

 スケールアウトNASの5つの特長をピックアップし、複雑なRAIDやボリューム設計から生じる課題など従来型NASが抱えている課題が、EMCアイシロンではどのように解決できるかを分かりやすく解説。ビッグデータを活用する上で、適したストレージ環境について検証していく。

提供:株式会社ブロードバンドタワー

提供:株式会社ブロードバンドタワー
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部