2014年07月07日 22時00分 UPDATE
特集/連載

NEWS“納得感”のある人事目標管理(MBO)を、クレオが支援システム発売

多くの企業が導入する人事目標管理(MBO)については、目標設定や結果の評価が合理的でないなどの問題も指摘される。クレオマーケティングの人事目標管理システムはMBOプロセスの可視化を実現する。

[TechTargetジャパン]

 クレオマーケティングはビジネスプロセス管理システム「BizPlatform」上で稼働する人事目標管理(MBO)のテンプレートを開発し、人事目標管理システムとして発売すると7月3日に発表した。人事目標管理システムの価格は600万円から(税別、導入支援費用別)で、今後3年で50件の販売を目指す。

 MBOは、企業の戦略や方針に応じて個人が目標を設定し、業務の進捗などを管理する仕組み。経営方針の浸透や社員の自律的な業務改善、上長とのコミュニケーション促進などを目的に多くの企業が導入している。ただ、目標設定や結果の評価が合理的でなかったり、上長との面談、コミュニケーションが形式化するなどの問題も指摘されている。

【お知らせ】業務アプリのクラウド活用に関するアンケート調査

情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象にお伺いします。

【特典】アンケート回答者の中から抽選で3名さまに「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント


注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。

news135.jpg

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携
カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジ...