Loading
2014年07月17日 10時00分 UPDATE
PR

個別ツールの導入で管理が煩雑にもはや当たり前だけど、課題は山積み 「モバイルワーク」をどう管理する?

一般的になりつつあるビジネスパーソンの「モバイルワーク」。私物デバイスを使うBYODを採用する企業も増えつつある。一方で、モバイルワークの管理についての課題も浮上。解決策を探る。

[ITmedia]

 最近、電車の中やカフェ、レストランなどで、ビジネスパーソンが仕事をしている光景をよく目にするようになった。いわゆる「モバイルワーク」が徐々に根付いてきたことの証しといえる。そこで使われているデバイスも、少し前まではノートPCが主流だったのが、最近ではスマートフォンやタブレット端末を見かけることが増えた。これらのスマートデバイスでメールやドキュメント作成を行うのが当たり前になりつつあるようだ。中にはさらに一歩進んで、従業員の個人所有デバイスを業務で利用させる「BYOD(Bring Your Own Devices)」に踏み出す企業も出てきている。

 こうした動きは、ビジネスパーソンの生産性やワークライフバランスを向上させる上では極めて効果的であるが、同時にITガバナンスやセキュリティという観点では、これまでにないさまざまな課題を持ち込むことになる。多様なデバイスやアプリケーションが多くのユーザーによって日々使われる中、いかにそれらの利用状況を把握し、情報漏えいや不正利用のリスクを抑えつつ低コストで運用していくか。多くの企業のIT部門は、ユーザーの利便性向上のニーズと、セキュリティや管理性の要請との間で板ばさみになっているのではないだろうか。

 もちろん、こうした課題の解決を狙ったソリューションも、さまざまなベンダーから提供されてはいる。しかし、それらを課題ごとに個別に導入していっても、結局は複数のツールを導入するために掛かるコストと、それらを使い分けるための手間ばかりがかさみ、実際にはなかなか管理レベルが向上しないという悩みを抱える企業も多い。では、一体どうすればいいのか? まさにこうした課題を解決するのに最適なサービスが提供開始された。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部