2014年07月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

既存ハードを生かしてソフト開発で強化新iPhone登場まで待てない、スマートフォンに“次の驚き”をもたらす6つの進化

スマートフォンの次の驚きに寄与するのは、既存ハードウェアと革新的なソフトウェアの融合――。米Amazonの新スマートフォンや米Googleの“レゴフォン”を分析し、スマートフォンの今後を予測する。

[Vince Font,TechTarget]

関連キーワード

Amazon | Apple | iOS | Android | iPhone


Amazon Fire Phone Amazon Fire Phone

 現在、スマートフォンの革新は停滞している。その兆候は各所で見られる。これはアイデアが尽きてしまったということなのだろうか。いや、そんなことはない。実現性の高いスマートフォンの物理的な革新の構想はいくらでもある。例えば、太陽光発電バッテリー実現のために既存テクノロジーを改善する必要があることについて議論が交わされている。また、Bluetoothスピーカーに取って代わる組み込みスピーカーの開発可能性も取り沙汰されている。だが、モバイルテクノロジー業界の専門家は、スマートフォンの次の進化は、確立された主力ハードウェアと大幅に強化されたソフトウェアの効果的な統合という形で表れると予想する。

 「スマートフォンは多種多様な用途で使用されている。そのため、次の『大きな変化』として根本的な設計変更が行われることはない。スマートフォンをさらに便利なものにするソフトウェアの強化になるだろう」と米Compass Intelligenceでチーフモバイルアナリストを務めるゲリー・パーディー氏は述べている。

 そのための基礎は既にある。スマートフォンは、ホームセキュリティシステムから台所用品に至るまで、あらゆるものを制御する万能リモコンの役割を果たすようになっている。例えば、2014年1月に開催された「CES」見本市では、韓国Samsung Electronicsが「スマートホーム」環境のデモンストレーションを行った。この環境では、ホームエコシステム全体を1つのプラットフォームに統合し、アプリを使用してリモートで操作できる。

進化1:対象物を読み取る「Amazon Fire Phone」

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...