2014年07月28日 12時00分 UPDATE
特集/連載

モバイルテクノロジーによる品質改善(QI)スマホとタブレットが医療の現場をカイゼンしつつある

医療現場におけるデータの利活用は重要な課題の1つであり、モバイルテクノロジーは医療の品質改善の面からも評価されるべきだ。

[Trevor Strome,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140726medical.jpg

 モバイルテクノロジーによる変革に多くの医療機関が行き詰っている。議論の中心となるのは「医師が医療行為を行うとき、モバイルテクノロジーが情報の利用方法をどう変えるか」「モバイルテクノロジーによって患者自身がライフスタイルの選択肢をより適切に管理できるようになることを通じて、患者の医療への理解向上をどう図っていくか」の2点だ。本稿では、医療現場における品質とパフォーマンス向上という観点から、モバイル分野の大きな変化について説明する。

「Android Wear」端末、読者プレゼント実施中!

0725_kf_gear_live.jpg

TechTargetジャパンは、メガネ型や腕時計型といった身に付けるコンピュータ、「ウェアラブル端末」の関連記事を集約したテーマサイト「未来の仕事はこれで変わる 「ウェアラブル時代」の幕開け」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、Googleのウェアラブル端末用OS「Android Wear」の搭載端末、「Samsung Gear Live」を抽選で2名にプレゼントします。

プレゼント申し込みはこちら


医療における品質改善の必要性

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...