2014年07月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

“オレオレクラウド”戦国時代日本企業にウケる「マネージドホスティングクラウド」の秘密

さまざまなクラウドサービス/形態が登場してにぎわいを見せる中で、「マネージドホスティングクラウド」というジャンルがその定義で揺れている。ガートナーが考えるマネージドホスティングクラウドとは。

[五味明子]
tt_aa_gartner.jpg ガートナー 田崎氏

 「マネージドホスティングクラウド」という言葉をご存知だろうか。名前だけ聞くと、クラウドなのかホスティングなのか混乱してしまいそうだが、スケーラビリティなどクラウドならではのメリットは享受しつつ、リソースの管理や運用を外部に委ねることでその負荷を軽減するサービスとして、最近注目される機会が増えている。だが「クラウドとホスティングの違いを明確に説明しないまま、トレンドに乗じてクラウドと称して提供している事業者も存在する」とガートナー ジャパン リサーチ部門 ITインフラストラクチャ&セキュリティ バイスプレジデント 田崎堅志氏は警鐘を鳴らす。

 クラウドへの移行が叫ばれつつも、レガシーが多過ぎるがゆえにオンプレミスの制約から逃れられない日本企業は多い。だがたいていの企業は、今がITの過渡期であり、生き残っていくためにもこれまでのシステムの“何か”を変えなければならないことは分かっている。だが、自社にとって本当に必要な変革を正確に把握しないまま、クラウドという巨大な流れにとりあえず巻かれてしまうのは非常に危険な行為でもある。一見、耳触りの良い言葉に聞こえる「マネージドホスティングクラウド」は本当に悩める日本企業の救世主となり得るのだろうか。田崎氏に話を聞いた。

そもそもクラウドのメリットとは

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news004.jpg

「無意識のウソ」を排除せよ――ユーザーの本音を引き出す定性調査の勘所
アンケートに代表される定量調査が「仮説証明型」であるのに対して、「仮説発見型」の方...

news137.jpg

Twitter、J・K・ローリング原作の最新映画で「プロモステッカー」を日本でも提供開始
Twitterは、映画『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』の「プロモステッカー」を...

news111.jpg

「アンバサダープログラムアワード」受賞企業が語るコミュニティー運営の課題と可能性
アジャイルメディア・ネットワークはファンの口コミの活性化や共創的な取り組みを重視し...