2014年07月31日 12時00分 UPDATE
特集/連載

激化するUC市場のシェア争いWindows、Officeだけではない Microsoftが勝ち続ける分野とは?

米Infonetics Researchの最近のリポートによると、2014年第1四半期のユニファイドコミュニケーション(UC)市場では米Microsoftが最大の売上高を記録。米Ciscoが小差で続いた。

[Tessa Parmenter,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140731uc.jpg

 調査会社のInfonetics Researchは、「Enterprise Unified Communications and Voice Equipment」(エンタープライズユニファイドコミュニケーションおよび音声機器)」というリポートを公開。UC市場でCiscoとMicrosoftのシェア争いが激化する中、2014年第1四半期はMicrosoftがリードしたと報告している。同リポートでは、テレフォニー市場とUC市場のセグメント別に、ベンダーの売上高ランキングが示されている。

Microsoftは本当に勝ったのか?

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

読売巨人軍がマーケティングプラットフォーム「b→dash」を導入
読売巨人軍が、フロムスクラッチのマーケティングプラットフォーム「b→dash」の導入を決...

news100.jpg

IDOMが挑むモバイルWebサイトの表示速度改善、具体的なノウハウと効果は?
前回に引き続き、中古車買い取り・販売の「ガリバー」におけるWebサイトの表示スピード改...

news087.jpg

WACUL、人工知能を活用したWeb改善ツールに「毎日の成果管理」機能を追加
WACULは、人工知能によるWebサイト分析ツール「AIアナリスト」に新機能「毎日の成果管理...