Loading
2014年08月11日 10時00分 UPDATE
PR

Windows Server 2003のサポート終了で高まる帳票基盤の移行ニーズ帳票の電子保管や外字対応 環境変化に強い帳票基盤の作り方

帳票の電子化が叫ばれて久しいが、多くの企業は帳票データをビジネスの中で効果的に保管・活用できていないのが実情だ。またビジネス環境の急激な変化に伴い、帳票基盤に課題を抱えている企業も少なくない。

[ITmedia]

 帳票の電子化が叫ばれてから、既に長い年月が経過している。しかし、現在も企業の多くは、帳票データをビジネスの中で効果的に保管・活用できていないのが実情だ。また最近では、ビジネス環境の急激な変化に伴い、企業が扱う帳票データも多種多様化しており、ホスト印刷やPDFでの帳票保管、さらにはマイナンバー制度の導入による外字問題など、帳票基盤にさまざまな課題を抱えている企業も少なくない。

 こうした課題に加えて、「Windows XP」および「Windows Server 2003」のサポート終了に伴う環境変化への対応や、最新の帳票システムの機能を活用した業務改善に向けて、既存の帳票システムのマイグレーションを検討する企業も増えてきている。一方で、帳票システムのマイグレーションを行うには多大な工数とコストが掛かるため、検討段階のまま頭を悩ませているIT担当者も多いのではないだろうか。

 そこで、本稿では、これらのさまざまな課題を解決し、刻一刻と変化するビジネスシーンにも柔軟に対応できる、帳票基盤のベストソリューションを紹介する。

提供:ウイングアーク1st株式会社

提供:ウイングアーク1st株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部