2014年08月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

徹底解説:グローバル企業が目指すべき人材戦略【後編】事例で学ぶ日本企業のグローバル人材戦略 隣の会社はここまでやっている

さまざまなハードルを感じながらも先進企業は手探りでグローバル人材戦略を進めている。欧米企業、日本企業はどのような取り組みを始めているのか。参考になる事例を紹介する。

[佐々木 亮輔,プライスウォーターハウスクーパース]

関連キーワード

人事 | タレントマネジメント


 前編「優秀な外国人社員がすぐに辞める――人材戦略の何が問題か」は、グローバル人材戦略の施策を推進する上で、人事部門がこれまで対応したことのないハードルの高い課題が出現していること、また日本の特殊性がグローバル施策推進の大きな足かせになっていること、その結果として、本社が思うように施策を展開できない悪循環に陥っていることをまとめた。グローバル人材戦略の基本的な考え方を念頭に、できるところから着手し始めている日本企業の事例を今回は紹介する(特集:グローバル企業が目指すべき人材戦略)。

欧米企業の事例は参考になるか

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...