2014年08月21日 15時00分 UPDATE
特集/連載

世界18カ所のデータセンターを仮想化統合Nikeはクラウド展開も“JUST DO IT”、驚きの最先端計画とは?

Nikeでは、世界各地に展開するデータセンターをつなぐ次世代のデータセンタークラウドとネットワークインフラを新たに構築している。ITの俊敏性と柔軟性を高め、同社の成長を支える仕組みとは。

[Archana Venkatraman,Computer Weekly]
0821_kf_nike.jpg

 大手スポーツ用品メーカーの米Nikeは、ビジネスと顧客のニーズの変化に応えるために、スケーラビリティの高い次世代のデータセンタークラウドとリテールネットワークインフラを新たに構築している。

 同社では、この新たなインフラを用いて、世界各地に展開する複数のデータセンターを仮想化する計画だ。一方で、新しいネットワークは、アプリケーションのパフォーマンスを改善し、ITの柔軟性を強化するとしている。

勝ち抜くために必要な「先進的で俊敏性の高いテクノロジー」

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

PR TIMES LIVE、「TechCrunch Tokyo 2018」のライブ配信を実施
2018年11月15、16日に開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジー の祭典「Tech...

news034.jpg

Marketo×DataRobotの連携で見えた「AIドリブンマーケティング」の未来
「AIの民主化」でマーケティングはどう変わるのだろうか。【訂正あり】