Loading
2014年08月27日 10時00分 UPDATE
PR

日本オラクル×伊藤忠テクノソリューションズIAサーバとは桁違いの信頼性と性能を低コストで UNIXサーバがやっぱりスゴイ

ミッションクリティカルなシステムにIAサーバは不安。そんな企業の間で注目されているのが最新技術を搭載し、コストも大幅に抑えたUNIXサーバだ。UNIXサーバのこれまでの常識を覆す新しい潮流を紹介しよう。

[ITmedia]

 これまでWebサーバやファイルサーバなど、情報系システムを中心に利用されてきたIAサーバだが、近年のネットワーク環境の高速化やテクノロジーの進化に伴い、基幹系システムなどミッションクリティカル領域にIAサーバを採用する企業も増えつつある。

 一方で、IAサーバを基幹系システムで利用するに当たっては、さまざまな課題も浮かび上がっている。まず、基幹系システムで扱う膨大かつ多種多様な大量データを高速に処理するためには、高い並列度が要求されるが、IAサーバではパフォーマンス不足であるのは否めない。また、拡張性にも問題があり、パフォーマンスを向上するためにサーバ台数を増やしてもサーバ間のネットワークI/Oなどが問題になりリニアにパフォーマンスは上がらず、システム全体の運用コストの増大だけを招くことになる。

 さらに、複数のさまざまな種類のサーバを組み合わせることが多いIAサーバのシステム基盤では、基幹系システムに万が一トラブルが発生しても、その原因分析が難しい面がある。IAサーバで可用性や信頼性を実現するには継続的なチューニングや設定変更が必要で、高い技術力が求められるのだ。

 このように、基幹系システムとして利用する上での不安要素を抱えるIAサーバに対して、優れたパフォーマンス、高い可用性、信頼性、拡張性を発揮するのがUNIXサーバだ。これまでミッションクリティカルなシステムの基盤として数多くの実績があるUNIXサーバの、“ユーザーの予想を超える”最新動向を説明しよう。

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部