2014年08月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

デスクトップ仮想化のススメWindows XPを捨てられない企業が知りたがる“とっておき”の裏技

Windows XPのサポート終了は、直前になって大騒ぎになったが、今も多くの企業がXPを使っている。仮想化で、セキュリティやハードウェア互換性の問題を回避しつつ運用できるという考えもある。

[Brien Posey,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140828xp.jpg

 一般的に、「Windows XP」のようなサポートされていないツールや製品を使うのは、ルール違反とされている。だが、同OSの引退を前に新しいOS環境が模索された理由はそれだけではない。Windows XPのサポート終了は、セキュリティの低下と、ハードウェア互換性問題の増大を意味したからだ。

 しかし、ビジネス上の理由からWindows XPがまだ必要で、無理に新しいOSへ移行したくないと考える企業は少なくない。企業によっては、仮想化によってこうした事態を乗り越えようとするかもしれない。Windows XPは、少なくとも仮想化した方がそのまま使うよりも安全である。

仮想化なら解決できるWindows XPのあの問題

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...

news071.png

「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン...