2014年08月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

F1チームのIT事情弱小F1チームのケータハムが仮想化で実現した「意外なコストダウン」

わずか半年でIT環境を構築してケータハムのF1参戦を実現させたピータース氏。同氏は仮想化を推し進めてコストを削減しただけでなく、サーキットにハイパフォーマンスコンピューティングを持ち込もうとしている。

[Archana Venkatraman,Computer Weekly]
Computer Weekly

 英ケータハムグループでIT部門の責任者を務めるビル・ピータース氏は、F1チームのITに関するビジョンをチームの新しいオーナーに説明する準備に忙殺されている。

 ケータハムF1チームは最近、前オーナーのトニー・フェルナンデス氏から、スイスと中東の企業で構成されたコンソーシアムに売却された。オックスフォードシャーを拠点とするこのチームは2012年に現在の名前となったが、以前はロータスレーシング(Lotus Racing)というチーム名だった。

Computer Weekly日本語版 8月20日号無料ダウンロード

14954.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 8月20日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 ピータース氏はF1チームのITスタッフとしては大ベテランだ。ケータハムまたはロータスで5年、F1界の名門マクラーレンで12年と、通算17年のキャリアを持つ。

 「私はマクラーレン時代にいい経験をたくさんさせてもらった。ただ、大所帯の有名チームではどうしても組織化が進んで役割が固定化しがちなので、新しいことに挑戦したくなった(そこでチームを移った)」と、ピータース氏は語る。

 ピータース氏がケータハムに移ったのは2009年の10月だったが、当時の同チームのITシステムは白紙の状態であり、これを6カ月でフル機能をそろえた堅牢な状態で稼働させなければならない状況だった。2010年シーズンのレースに同チームが参戦するのをサポートするには、他に選択の余地はなかった。そこへ同氏が、F1チームの6人目の社員としてケータハムに加わった。「私が案内されたチームの拠点は、ノーフォークにあるがらんとした大きな納屋だった。ITもなければ人もいない。そしてITを配備する時間は、たった半年しか与えられなかった」とピータース氏は当時を振り返る(訳注)。

訳注:ケータハムF1のITシステム構築については、別冊Computer Weekly F1チームを支えるITの「F1参戦半年前から始まった、ケータハムF1のITシステム構築」でも紹介している。

 予算と残された時間によるプレッシャーをはね返して、同氏のITチームは斬新なアイデアを実行に移した。米IBM、米HP、米Dellなど複数のITサプライヤーを検討した結果、ピータース氏が選んだのはDellのPowerEdgeブレードサーバとIntelのXeonプロセッサだった。「Dellの製品は、われわれのニーズにぴったり合っていた」と同氏は語る。「IBMが提案してきた製品もわれわれの要件は満たしていたが、Dellよりも高価だった」

 拡張性のあるシステムを半年で、しかも予算の範囲で構築するためには、サーバの仮想化戦略を進めることが重要だったと、ピータース氏は話す。同氏の発想は、2009年当時としては時代を先取りしていた。このころはまだほとんどの業界で、物理インフラとメインフレームを運用するのが主流だったからだ。

 「物理的なIT環境では、サーバラック上のスペースを新たに確保するだけでも非常に費用が掛かる。しかし仮想化すれば、仮想マシン(VM)は1時間以内で、より安価にスピンアップ(稼働開始)できる」と、ピータース氏の部下であるスタッフは、SilverstoneサーキットのトラックサイドでITシステムの調整をしながら話してくれた(訳注)。

訳注:本インタビューは、2014年F1イギリスGP開催期間中に、Silverstoneサーキットで行われた。

 また、イノベーションは仮想化だけにとどまらなかった。ピータース氏が構築したトラックサイドのIT環境は革新的だ。同氏のチームは、DellとIntelのテクノロジーを採用し、デフォルトの設定をあまり変更することなく、仮想化環境を構築した。

 「(従来の物理インフラを利用する場合)トラックサイドにはサーバを5台搭載できるフルサイズのラックが必要だ。だがわれわれは(IT環境を)仮想化しているので、使うのはブレードサーバ用のラック1台だけだ」とピータース氏は語る。これが意外なところでコストダウンにつながった。それは何か? ピータース氏は続けた。

続きはComputer Weekly日本語版 8月20日号にて

14954.gif

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 8月6日号:RAIDはもういらない

Computer Weekly日本語版 7月16日号:Windows 8をめぐる中国 vs. Microsoft

Computer Weekly日本語版 7月2日号:クラウドの専門家による4つの警告


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news094.jpg

GMO TECH、スマーフォン用動画広告作成プラットフォームを提供開始
GMO TECHはShakr Mediaと提携し、スマートフォンアプリのPR動画広告の作成に特化したPR動...

news110.jpg

野村総合研究所、デジタル領域に特化した新会社「NRIデジタル」を設立
野村総合研究所は、デジタルビジネスを専門とする「NRIデジタル」をを2016年8月1日付で設...

news140.jpg

マーケティングオートメーションを活用してDMを自動発送、博報堂DYメディアパートナーズなど3社で提供
博報堂DYメディアパートナーズとブレインパッド、福島印刷の3社は、マーケティングオート...