Loading
2014年08月27日 15時00分 UPDATE
PR

「ルール」と「データ」を分離せよ経営戦略をシステムに即時反映するBRMS活用のススメ

正確で素早い意思決定は、企業の競争力の源泉。ビジネスルールに対する判断を自動化し、ルール変更にも柔軟に対応してくれるBRMSは、属人的な判断を回避し、的確な決定を下すための強力な武器になるだろう。

[ITmedia]

 いかなる企業においても、日々のビジネス活動において、従業員や組織が的確に判断し行動するための基準として「ビジネスルール」を用いている。規則などの形式知としてまとめられているものもあれば、作業のコツのような暗黙知として浸透しているものもあるだろう。

 従来のシステム開発においては、こうしたビジネスルールを業務の要件や仕様としてプログラムに直接組み込んでいた。しかし、ルールに変更が発生した場合、システムのソースコードやデータ構造から見直して修正しなければならないというのでは、大きな負担が掛かる。

 そこで、ビジネスルールをシステム化/可視化し、変更されたときにも瞬時に対応できる仕組みを提供するのが「ビジネスルールマネジメントシステム(BRMS)」である。専門的で属人的な判断であっても容易にシステム化することが可能で、ビジネスの俊敏性を高め、競争力の強化に役立つものとして注目されている。

 本稿では、BRMSの効果を具体的に語りつつ、効率よく効果的なシステムを導入/開発するにはどうすればよいかについてポイントを解説しよう。

提供:レッドハット株式会社

提供:レッドハット株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部