2014年09月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Power Systemsを売り込むIBMだが……ARMやPOWERがx86アーキテクチャに代わる日は来るのか?

x86アーキテクチャに代わる選択肢として、ARM64やPOWER8が盛んに攻勢をかけているが、今のところx86の牙城は揺るがないようだ。では、将来はどうか?

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 データセンターの管理者にとって、x86マシンに代わる選択肢として検討に値する新ARM64サーバが近日中に発売される見込みだ。このサーバは高密度を実現して、高性能な演算機能を実装している。

Computer Weekly日本語版 9月17日号無料ダウンロード

15097.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 9月17日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 ARM64サーバはx86ベースのサーバこれに代わるハードウェアプラットフォームとして注目を集めつつある。しかしこれまでのところ、データセンターに採用されるハードウェアは大半がx86ベースだ。x86ベースのサーバは、RISCチップベースに比べて1台当たりの単価を低く抑えることができるからだ。

 ヨーロッパでの集計では2014年の第1四半期、x86サーバの売り上げは3.4%増だったのに対して、RISC/ItaniumベースのUNIXサーバの売り上げは3.4%減であると、米調査会社Gartnerのアナリストは指摘する。

 世界的にみても、x86以外のサーバマシンは売り上げの落ち込みが激しいとGartnerはリポートに記している。Gartnerで調査部門の副責任者を務めるジェフリー・ヒューイット氏は「x86サーバの売り上げはわずかに伸びている。台数ベースでは前年比1.7%増、売上額ベースでは2.8%増だ」と報告している。

 「2014年の第1四半期、RISC/ItaniumベースのUNIXサーバの売り上げは世界的に振るわなかった。前年同四半期比で、台数ベースで19.9%減、売上額ベースでは16.9%減だった。また『その他』のCPUカテゴリー、これは主にメインフレームを指すが、こちらは売上額ベースで前年比37.6%減だった」(Gartnerのリポートより)

 売り上げが振るわないにもかかわらず、x86に代わるアーキテクチャに対する関心は高まりつつある。データセンターは大量に電力を消費するため、二酸化炭素(CO2)排出量削減を目的とした最近の諸法規に従うためには、現状を変えなければならないからだ。

ARM64マシンが次世代のサーバとなるか

続きはComputer Weekly日本語版 9月17日号にて

15097.gif

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 9月3日号:企業はApple製品を受け入れるべきか?

Computer Weekly日本語版 8月20日号:Windows 9は必要なのか?

Computer Weekly日本語版 8月6日号:RAIDはもういらない


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結...

news082.jpg

マーケティングオートメーションツール「SATORI」でWebプッシュ通知が利用可能に
SATORIはWebプッシュ通知ツール「pushcrew」の国内展開を行うアッションはSATORIとpushcr...

news071.png

「KANADE DSP」がスマートフォン向けディスプレイ広告枠へのネイティブ広告の配信を開始
京セラコミュニケーションシステムは、広告配信サービス「KANADE DSP」がスマートフォン...